無料カウンセリング予約

ひじ~手首(ひじ下)脱毛

ひじ下は、半袖やノースリーブを着る機会の多い春夏だけではなく、秋冬で長袖を着ていても腕まくりするなど、季節を問わず肌が見えることが多い部位です。自己処理の頻度が高いと、乾燥などの肌トラブルが起きやすく、毛穴も目立ちやすくなります。医療脱毛で肌負担を減らして、健やかな肌を目指しましょう。

ひじ下~手首(ひじ下)の脱毛プラン

1回コース 5回コース 8回コース
ひじ〜手首(ひじ下)脱毛 13,200円 38,500円 61,600円

ひじ~手首(ひじ下 )を含む脱毛セットもご用意しています。

1回コース 5回コース 8回コース
腕全体脱毛セット 36,300円 71,500円 114,400円
手脚脱毛セット 74,800円 158,400円 254,100円
全身脱毛セット 173,800円 173,800円 294,800円

※表示価格は税込

※全身脱毛セットには、顔やVIOを含むプランもございます。

ひじ〜手首(ひじ下)脱毛の概要

施術範囲 両ひじ関節を含む、ひじから手首までを照射します。
手指・手の甲は含まれません。
所要時間 約30分
痛み ★★★
骨に近い手首やひじ関節は、骨に響くような痛みを感じる場合があります。ただし、痛みの感じ方には個人差があります。
リスク ・硬毛化・増毛化
ひじ下の細い毛や産毛は、硬毛化・増毛化のリスクがあります。万一、硬毛化・増毛化が起きた場合、照射を繰り返すと改善することがあるので、次回施術で照射の出力を上げるなどの対応をいたします。
施術時の服装・体勢 ベッドに仰向けになり、両ひじ下に医療レーザーを照射します。半袖であれば着替えずに施術可能です。ただし、照射時に使用するジェルが衣服に付着したり、服がシワになったりすることがあるため着替えをおすすめしております。

フレイアクリニックのひじ~手首(ひじ下)脱毛の施術

ひじ下脱毛の施術回数の目安

フレイアクリニックでは、ひじ下脱毛の効果を実感できる施術回数の目安を5回としています。しかし、毛質や毛量によって個人差があり、自己処理のほとんどいらない程度まで脱毛するには、8~10回ほど施術が必要な方もいらっしゃいます。

施術は毛の生え変わりのサイクル(毛周期)を踏まえて受ける必要があるので、施術間隔は2ヶ月以上あけていただいています。施術を5回受ける場合は8ヶ月から1年、8~10回受ける場合は約1年半から2年程度かかります。

ひじに黒ずみがあっても施術OK

ひじの関節は、頬杖やひじをつくことによる摩擦や自己処理による刺激などで黒ずみができやすい部位ですが、黒ずみがあっても施術可能です。

出力の高いレーザーを黒い色素(メラニン色素)が多い肌に照射すると火傷をする可能性がありますが、フレイアクリニックでは、蓄熱式脱毛機の低出力のレーザーで施術をおこないます。レーザーを繰り返し照射し、毛をつくる細胞(毛乳頭や毛母細胞)より皮膚表面の近くにある発毛の指令を出す細胞(バルジ領域)を破壊します。そのため、肌表面のメラニン色素が多い褐色や黒褐色の肌、色素沈着がある部位も照射できる場合があります。

脱毛で肌の黒ずみは解消できる?色素沈着の原因や予防の注意点を解説

ひじ下はテスト照射可能

ひじ下は、カウンセリング時にご希望の方に行うテスト照射の対象部位です。テスト照射では、医師がレーザーに対する皮膚の反応を確認するほか、患者さまご自身に痛みの感じ方を確認していただけます。

ご希望の場合は無料カウンセリングの予約時にその旨を伝えてください。なお、テスト照射ですので、ひじ下すべての範囲を照射することはできません。

ひじ下脱毛のために知っておきたい注意点

露出が多く日焼けしやすい部位!入念に紫外線対策をしよう

日常的に露出する機会が多いひじ下は、紫外線を浴びやすく、日焼けしやすい部位です。日焼けで肌が炎症を起こしていると、医療レーザーが照射できず、脱毛施術ができません。そのため、外出の際には日焼け止めクリームを塗ったり、日傘やアームカバーを使用したりして紫外線対策を心がけましょう。
なお、フレイアクリニックの蓄熱式脱毛機は、日焼けの炎症が治まった褐色肌は施術可能な場合があります。

脱毛期間中の日焼けはNG!上手な紫外線との付き合い方

利き手の自己処理は無理しない

ひじや手首は、骨の凹凸があって複雑な形のため、無理に自己処理するとけがにつながる可能性があります。特に利き手側は、普段使わない手で処理するため手入れが難しく、余計な力が入って肌を傷つける可能性もあります。
施術部位に傷があると、レーザーを照射できないことがあるので、脱毛施術前のお手入れはできる範囲で行いましょう。自己処理後の剃り残しがある場合は、施術前にスタッフが無料でシェービングいたします。

乾燥しやすいひじの保湿を忘れずに

ひじは皮脂が出にくく、乾燥しやすい部位です。さらに、ひじをつくなど、外部からの刺激を受けて皮膚の角質が厚く硬くなることもあります。乾燥状態の肌は、刺激に弱く、医療脱毛の際も痛みを感じやすくなります。また、あまりに乾燥していると施術ができないケースもあるので、日ごろからローションやクリームで入念に保湿しておきましょう。

脱毛施術を受ける前に必要な準備は?自己処理やスキンケアの注意点を解説