無料カウンセリング予約

Oライン脱毛

Oライン(肛門まわり)は、Vライン・Iラインと同時に脱毛を希望する方が多い部位です。自己処理では手が届きにくい箇所のため、医療脱毛でお手入れしましょう。Oラインを脱毛することによって、毛に排泄物や生理時の経血が付着することがなくなり、デリケートゾーンを清潔に保てます。また将来、介護を受けることを想定した「介護脱毛」として、Oラインの毛を処理する方もいます。

Oライン脱毛の料金プラン

1回 5回 8回
Oライン脱毛 13,200円 38,500円 61,600円

※表示価格は税込

VIO全体を脱毛したい方は、VIO脱毛のセットプランも選べます。

1回 5回 8回
VIO脱毛 41,800円 93,500円 140,800円

※表示価格は税込

Oライン脱毛の概要

Oライン脱毛前の自己処理のポイント

Oライン脱毛の施術前の自己処理は、施術日の1~2日前に行いましょう。入浴などでOラインを清潔にしてから、肌を傷つけないように電動シェーバーで毛の流れに沿って処理していきます。

剃毛するときは、鏡の前で足を開く、もしくは鏡にまたがってOラインを確認すると、お手入れによるけがの防止につながります。シェービング後は乾燥による肌トラブルを防ぐため、VIO用の保湿クリームなどでスキンケアをしてください。

Oラインは直接見ることができず、お手入れが難しい部位です。患者さまには手の届く範囲で自己処理をしていただき、剃り残しがある場合は、看護師が無料で剃毛します。無理な自己処理で肌に傷ができると、施術ができないことがあるのでご注意ください。

Oライン脱毛の医療レーザー脱毛施術の対応

Oライン脱毛の恥ずかしさへの配慮

Oラインは、施術を受けるのが恥ずかしいと感じる方が多い部位なので、フレイアクリニックでは患者さまのストレスを軽減できるように努めています。

施術ルームは完全個室のため、他の患者さまに見られることはありません。また、施術は女性看護師が担当します。施術中はペーパーショーツをずらしながら、照射に必要な部分のみ見えるようにしてレーザーを当てていきます。

Oライン脱毛の痛み軽減の対策

毛が濃く、皮膚の薄いOラインは、レーザー照射によって痛みを感じやすい部位です。肛門の粘膜に近い部分は特に痛みを感じやすいため、最初は刺激を感じにくいお尻側からレーザーを当てていき、そのあと肛門側に向かうことで痛みを軽減する工夫をしています。また、患者さまにお声がけしながらテンポよくレーザーを照射し、リラックスして施術を受けていただけるように配慮しています。なお、患者さまから希望があれば麻酔クリームを無料で使用することも可能です。

医療脱毛施術の麻酔の種類と
使用の注意点

痔がある場合の施術可否

肛門や周辺に痔がある場合でも、医師の診断と許可があればOラインの医療レーザー脱毛施術を受けられます。ただし、痔による炎症や傷は避けてレーザーを照射するため、Oライン全体の照射を希望する場合は、痔の治療を優先しましょう。痔の種類や患部の状態によって、Oライン脱毛の施術可否を診断するため、カウンセリングの際に医師にご相談ください。

フレイアクリニックでは、痔の手術後3ヵ月以内の手術部位の施術はお断りしています。また、それ以上経過しても手術跡の状態によって医療脱毛の施術ができないこともあります。施術可能な時期は個人差がありますので、カウンセリングで通院のタイミングなどを医師にご相談ください。

痔があってもOライン脱毛はできる?

生理中はタンポンの使用でOラインも施術可能

フレイアクリニックでは、生理中でもタンポンを使用すればOラインの脱毛施術を受けられます。ただし、血圧が低下し、めまいや吐き気、失神などが起きる「迷走神経反射」のリスクがあるので、当日にタンポンを初めて使用する方は施術を受けられません。

なお、感染症や皮膚トラブルの原因となるので、タンポンを挿入しない生理中の施術はお断りしております。生理と施術日が重なったときは、変更期限である2営業日前の20時までに、予約センターや通院中のフレイアクリニック各院へ連絡してキャンセル・予約日程変更を行うようにしましょう。

期限を過ぎた場合でも脱毛プラン契約中1回に限り、無料でキャンセルや予約日程変更ができます。変更期限を過ぎた2回目以降の連絡の場合、施術1回分が消化扱いとなるのでご注意ください。

生理中にフレイアクリニックで
医療脱毛施術を受ける注意点

Oライン脱毛のアフターケア

Oラインは、下着との摩擦やムレなどで、色素沈着やかゆみ、赤みなどの肌トラブルが起こりやすいです。医療脱毛の施術後の肌は特に外部からの刺激に敏感な状態のため、締め付けの少ない下着をつけ、お手洗いの際にはやさしく拭くなど、肌を摩擦しないように心がけましょう。また乾燥すると肌荒れが起こりやすくなるため、シャワー後などはVIO用の保湿クリームなどでケアをしてください。