無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛 照射もれ
脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛の照射漏れとは?確認のポイントとフレイアクリニックの再照射対応

医療レーザー脱毛の照射漏れは、施術時にレーザーの打ち漏れが生じ、毛が部分的に残る状態です。
施術後しばらくして照射部位の一部にまとまって毛が伸びてきたなどの状態が見られる場合、照射漏れの可能性があります。

照射漏れを判断できる期間は、施術に使用した機器や施術部位の毛質などによって異なります。
患者さまご自身での判断も難しいため、照射漏れのような部分がある場合はクリニックにご連絡ください。

フレイアクリニックでは優先的に診察日を確保し、医師が照射漏れと判断した患者さまには該当部分を無料で再照射いたします。

照射漏れが起きる原因

医療レーザー脱毛は、脱毛機のレーザー照射面を肌に密着させて施術をすすめていきます。
施術時に照射面が肌から離れてしまったり、施術範囲にまんべんなくレーザーを照射できなかったりすると、照射漏れが生じてしまいます。

特に手首や足首、あご、あご下などの骨ばっていて凹凸が多い部位は、照射面が密着しにくく照射漏れが生じやすい部位です。
また、デリケートゾーンのVIOラインなどは、痛みを感じて体が動いてしまうことによってレーザーを当て損ねる可能性があり、照射漏れにつながる場合があります。

医療脱毛の施術方式による照射漏れを判断できる時期の違い

医療レーザー脱毛の施術後は、照射した部位の毛がすぐに抜け落ちるわけではありません。
レーザー照射時に発生する熱によって発毛組織が破壊されると、1~4週間ほど経過するうちに毛が抜け落ちてきます。
この期間は、個人差があるほか、施術に使用する機器によっても異なります。

高出力のレーザーを瞬間的に照射する熱破壊式脱毛機の場合、毛が抜け落ちるまでの目安は1週間から2週間程度です。
一方、低出力のレーザーを連続で照射する蓄熱式脱毛機の場合、2週間から4週間程度かかります。この期間が経過し、不自然に毛が残っていたり、まとまって伸びてきたりしたときは、照射漏れの可能性があります。

なお、クリニックによって施術に使用する脱毛機や照射漏れへの対応が異なるため、契約時や施術前に確認しておきましょう。

フレイアクリニックの照射漏れの対応と保証期間

フレイアクリニックでは、施術を担当する看護師のスキルアップを図り、照射漏れ防止に努めています。

施術部位を丁寧にマーキングしてレーザーの当てもれを減らすほか、皮膚が柔らかく刺激に弱い部位への照射時は患者さまにお声がけして痛み緩和につなげるなどの対応を心がけています。

しかし、完全に防ぐことは難しいため、照射漏れがあると感じた患者さまは、施術を受けたクリニックまでご連絡ください。
優先的に診察を受けていただき、医師が照射漏れと判断した場合は無料で再照射いたします。なお、診察に際し、毛は自己処理せずにご来院ください。

また、当クリニックは、全院で蓄熱式脱毛機を採用しています。
医療脱毛の施術後に毛が抜け落ちるまでの目安は2週間から4週間のため、施術後28日以内であれば照射漏れに対応いたします。

無料カウンセリングはこちら