無料カウンセリング予約

脇の医療レーザー脱毛

薄着の季節には手入れの頻度がかさむ脇毛。カミソリや毛抜きによる処理は、色素沈着や埋没毛の肌トラブルにつながります。医療脱毛で自己処理の肌負担を減らして健やかな肌を目指し、ノースリーブや半袖のおしゃれを楽しみましょう。

脇脱毛の料金プラン

1回5回8回
3,850円 12,100円 18,700円

セットプランもご用意しています。

1回5回8回
腕脱毛 36,300円 71,500円 114,400円

脇施術の概要

脇の施術範囲

両脇の毛が生えている部分全体が照射範囲です。

脇の所要時間

約30分 *予約時間10分前のご来院をお願いしております。なお、施術時間は前後する場合がございます。
*事前に剃毛をしていただくと施術がスムーズです。

脇の痛み
★★★☆☆ 脇は毛が太く濃いため、レーザーが反応しやすく、痛みを感じやすい部位です。痛みの感じ方には個人差があります。
脇のリスク

炎症による赤みや腫れ

脇の医療レーザー脱毛後、肌に赤みが出ることはあります。数時間で落ち着くことがほとんどですが、数日たっても赤みがおさまらないようであれば、施術を受けたクリニックにご連絡ください。医師による診察、薬の処方に無料で対応いたします。

脇施術時の服装・体勢

上半身の服を脱ぎ、ラップタオルを巻いていただきます。下着は身に着けたままで問題ありません。キャミソールを着ている場合は、タオルを巻かずそのまま施術可能です。

脇脱毛の施術回数と期間の目安

フレイアクリニックでは、患者様に満足いただける脇脱毛の施術回数を、目安として5~8回とお伝えしています。毛量や毛質によって必要な施術回数は個人差があるため、追加で施術を契約する方もいます。

また、毛の生え変わるサイクル(毛周期)を踏まえ、施術の間隔は2ヶ月以上あけていただきます。施術の回数を重ね、毛量が減ってくると、さらに間隔をあけて次回施術日を提案することもございます。そのため、施術期間は、5回コースで8ヶ月~1年、8回コースで1年2ヶ月~2年程度です。施術回数や頻度については、初回カウンセリング時に医師や看護師にご相談ください。

脇脱毛の施術を受ける注意点

カミソリなどでの自己処理は避ける

脇脱毛の施術1〜2日前に電動シェーバーで毛の自己処理をお願いしています。またお手入れの前後は、化粧水やボディクリームを塗って保湿しましょう。肌が乾燥していると、自己処理後に赤みやかゆみが出たり、施術時に痛みを感じやすくなったりします。肌トラブルを避けるため、剃毛前後は忘れずに肌にうるおいを与えてください。

なお、自己処理にはカミソリを使わないようにしましょう。カミソリは角質を削ってしまうため、肌表面に細かい傷ができ、乾燥や色素沈着の原因になることもあります。また、毛抜きやワックスも使用しないでください。毛を根元から引き抜くと、毛の生え変わるサイクル(毛周期)が乱れ、施術効果が得にくくなる可能性があります。

施術当日はデオドラント剤の使用NG

施術当日の来院前は制汗剤を使用しないでください。デオドラントスプレーや制汗シート、ロールオンタイプのものなど、制汗成分が含まれているもの全般が該当します。

制汗剤に含まれる成分が毛穴に残った状態で施術を受けると、レーザー照射時に発生した熱が届きにくくなり、発毛組織を破壊できない可能性があるためです。

施術当日に汗が気になるときは、ハンカチなどの清潔な布で拭き取るか、汗取り用の脇汗パッドを使用しましょう。また、通気性がよく、ゆったりとした服を着ると、衣服の汗染みが目立ちにくくなります。

脇脱毛の施術とわきがや発汗量との関係

脇脱毛でわきがの治療はできない

脇の医療レーザー脱毛はわきがの根本的な治療にはなりません。わきがのにおいは、アポクリン腺という汗腺から出る汗が皮膚に常在する細菌に分解されることで発生します。医療レーザー脱毛は発毛組織を破壊する施術のため、汗腺機能に影響を与えないので、わきが自体が改善するとはいえません。

ただし、毛が生えにくくなることによって、においの原因となる雑菌の繁殖予防が期待でき、においの軽減につながる可能性はあります。

脱毛施術で脇の発汗量が増減することはない

レーザー照射は汗腺機能に影響を与えないため、脱毛施術が脇の発汗量を増減させることはありません。しかし、脱毛して毛がなくなることによって汗が流れ落ちやすくなったり、衣服と直接触れやすくなったりすることで、「汗をかいている」と感じやすくなることがあります。

医療脱毛で脇汗の量や
においは変わる?