リスクについて

リスクと対応

クリニックで患者様の安全性に配慮してレーザー照射を行っても、火傷や毛嚢炎などの肌トラブルが起こる可能性があり、リスクを完全に防ぐことはできません。

レーザー照射を受ける前に事前のカウンセリングでリスクに対するクリニックの対応や、リスクに関する情報を確認しておくことが大切です。

フレイアクリニックでは、契約前の患者様に対し無料カウンセリングを実施し、レーザーの仕組みやリスクを説明しています。

無料カウンセリングはこちら

リスクとフレイアクリニックの対応

当クリニックでは、レーザー照射で発生する熱で発毛組織を破壊する医療行為を行います。
医師や看護師が患者様の安全に配慮してレーザーを照射していますが、照射後の肌に炎症や毛嚢炎(もうのうえん)が生じたり、レーザー照射時に痛みを感じたりするなどのリスクがあります。

レーザー照射が原因で肌トラブルが起きた場合、医師が症状に応じて処置・処方を追加費用なしでで行います。炎症などの症状があらわれた際は、フレイアクリニック各院にご連絡ください。

火傷

レーザーを肌に照射した際、熱を発して発毛組織を破壊します。
このとき発生した熱が毛根周辺の皮膚に伝わって火傷を起こす場合があります。

火傷のリスクを抑えるため、レーザーの出力を下げることも可能ですが、その場合、熱が十分に発生せず、発毛組織を破壊できなくなってしまいます。
火傷を予防しながら、レーザーで発毛組織を破壊するには、患者様の肌質や毛質に合わせて適切な出力を設定する技術が必要です。

フレイアクリニックでは、医師や看護師が無料カウンセリングや診察で患者様の肌状態を確認し、レーザー脱毛機の照射出力を設定しています。

また、当クリニックで使用している蓄熱式(SHR式)ダイオードレーザー脱毛機には冷却装置がついており、肌を冷やしながらレーザーを照射することで火傷のリスク軽減につなげています。
蓄熱式脱毛機は低出力のレーザーで発毛組織を破壊する照射方法のため、火傷のリスクが低いといわれています。しかし、万一、火傷の症状があらわれた場合は、追加費用なしで医師による診察や処置、薬の処方に対応しています。

赤みやひりつき

レーザー照射後は、照射時に発生した熱が肌にこもり、赤みやひりつきを伴う炎症が生じることがあります。

患部を冷やしたり、保湿をしたりすると、数日後には治まることがほとんどです。ただし、一週間ほど経っても赤みやひりつきが治まらない場合は、フレイアクリニック各院に相談してください。

当クリニックでは、レーザー照射直後に赤みやひりつきなどの症状がある方にはアフタークリームをお渡ししております。また、クリームを使用しても症状が改善しない場合は、医師が診察し、薬を処方するなどのケアを行っています。

毛嚢炎(毛包炎)

毛嚢炎(もうのうえん)または毛包炎(もうほうえん)は、毛穴に細菌が入り込み、毛根を包む毛包やその周辺に炎症が起きる症状です。
毛穴やその周辺が赤みを帯びたり膿がたまったりします。状態によってはかゆみや軽い痛みを伴うこともあります。

レーザー照射時における毛嚢炎(毛包炎)の原因のひとつは、照射時の熱によって肌を保護するバリア機能がダメージを受け、肌の免疫機能が下がることです。毛嚢炎を予防するためにレーザー照射前後の肌は清潔に保つことが大切です。

フレイアクリニックでは使用する機器や器具の消毒、シェービング時には使い捨てカミソリの使用などの衛生管理を徹底しています。また肌に毛嚢炎が生じた場合、医師による診察や処置・処方に追加費用なしで対応します。
毛嚢炎は、そのままにしておくと色素沈着につながるため、症状が現れた場合、クリニックに連絡して医師による診察を受けましょう。

硬毛化・増毛化

レーザー照射後に毛が硬く太くなる「硬毛化」毛が増える「増毛化」の症状が出ることがあります。

医学的に原因は未解明ですが、産毛のようにメラニンが少なくレーザーが反応しにくい毛だと、照射時に発毛組織が破壊できず、かえって発毛細胞が活性化してしまうことで硬く太い毛が生えてしまうという見解もあります。
そのため、背中や二の腕などの産毛が多い部位に症状が出やすい傾向です。

なお、繰り返しレーザーを照射すると、硬毛化した毛の発毛組織を破壊できる可能性はあります。
硬毛化が発生してしまった場合は、フレイアクリニックでは次回照射時にレーザーの出力を上げて照射するなどの処置を行います。

ただし、契約期間内の照射回数では改善せず、追加で契約する患者様もいらっしゃいます。

痛み

レーザー照射時に発生する熱が皮膚に伝わることで痛みを感じる方もいます。
特に毛が太くて濃く、皮膚が薄いVIO(デリケートゾーン)や脇などは、熱が発生しやすく強い痛みを伴う傾向があります。

フレイアクリニックでは、蓄熱式脱毛機を採用し、患者様の痛みの軽減を目指しています。
蓄熱式脱毛機は低出力のレーザーを何度も照射して発毛組織を破壊するため、レーザー照射時に発生する熱の温度が低いので、痛みを感じにくいといえます。

また、痛みが不安な方には麻酔の使用も可能なので、カウンセリングの際にご相談ください。

麻酔のご案内

体調や体質への影響は?

敏感肌やアトピー性皮膚炎にも負担をかけにくい

敏感肌やアトピー性皮膚炎の方でも、医師の診察のもとレーザー照射をしていただけます。
レーザーは発毛組織をターゲットとして照射するものであり、カミソリによる自己処理のように肌表面に直接刺激を与えるものではないためです。

ただし、レーザーの刺激によって肌荒れを起こすリスクがあるため、フレイアクリニックでは、医師が診察して対応可否や照射範囲、照射出力を決定します。
肌状態が不安な方は、無料カウンセリングで事前に医師にご相談ください。

アトピー肌に対する対応

妊娠中は照射時の体勢が母体の負担になる

フレイアクリニックでは、妊娠中の方へのレーザー照射はお断りしています。レーザーが子宮に到達し、胎児に影響を与えることはないと考えられていますが、照射時の体制自体が母体への負担となるためです。

妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化して体調や肌状態が不安定になります。
そのため、レーザー照射による肌トラブル、肌の露出による母体の冷え、照射時の体勢が原因の体調不良などを引き起こす可能性があります。

フレイアクリニックでは、コース契約途中で妊娠が判明した場合、契約期間の延長や途中解約に対応していますので、通院中のクリニックにご連絡ください。

妊娠中・授乳中は脱毛を受けられない 妊娠時の自己処理のコツ

汗腺の機能に影響せず汗の量は変化しない

脇などの汗をかきやすい部位へのレーザー照射後、患者様の中には汗の量が増えたと感じる方がいますが、レーザーが直接の原因で発汗量が変化することは基本的にありません。

これまで汗がとどまっていた毛がレーザーによって減り、汗が肌をつたって流れることで、発汗量が増えたと感じることがほとんどです。ただし、まれにレーザーによって汗腺が刺激を受けて一時的に汗が増える方もいます。その場合は、フレイアクリニック各院にご相談ください。

脇汗の量とにおいへの影響

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。