注意事項

妊娠中・授乳中は脱毛を受けられない 妊娠時の自己処理のコツ

フレイアクリニックでは、母体に負担がかかり体調不良につながるおそれがあるため、妊娠中の方へのレーザー照射は行いません。

コース契約途中で妊娠が判明した場合、契約期間の延長や途中解約に対応していますので、通院中のクリニックにご連絡ください。

妊娠がわかったら脱毛は中断

妊娠していることが分かったら、脱毛をするのは中断しましょう。
妊娠に伴うさまざまな体調の変化により、期待される脱毛効果が出なかったり、妊娠前よりも肌に負担がかかりやすくなったりするためです。
妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌量が変わることにより、次のような体調の変化が起こる可能性があります。

  • 乳頭、外陰部などが黒ずむ(色素沈着)
  • 肌が乾燥しやすくなる
  • ニキビができやすくなる
  • 毛深くなる
  • つわりが起こる
  • むくみやすくなる

など
例えば、これまでレーザーを照射できていた部分でもメラニン色素による黒ずみが強く出た場合、妊娠中はレーザー照射できなくなる可能性があります。

肌の乾燥やニキビといった肌トラブルも、悪化してしまうと該当箇所への照射は難しくなります。
そのため多くのクリニックが妊娠中の女性への脱毛をお断りしています。

フレイアクリニックでも、妊娠中・授乳中の患者様への脱毛は実施していません。

よくあるご質問

妊娠がわかる前に受けた脱毛の影響

妊娠が分かる前にレーザーを照射していても、胎児への影響はないと考えられています。
脱毛に使用するレーザーは、毛根の深さ程度の、肌のごく浅い領域のみに到達できるもののため、子宮の中の胎児に熱は届かないと言われています。

フレイアクリニックでは医師への相談を無料で受け付けています。レーザー照射の影響が気になる場合には、クリニックで相談してください。

妊娠が分かったらクリニックに連絡

フレイアクリニックでは患者様の妊娠が判明した場合、脱毛を中止いたします。予約はキャンセル対応しますので、妊娠が分かったら早めにご連絡ください。

途中解約

フレイアクリニックでは脱毛期間中に妊娠が判明した方は、休会をせず途中解約をすることも可能です。この場合、解約手数料は一切いただきません。

返金額はご契約内容や支払い方法、残り回数などにより異なるため、詳細は通われているクリニックにご確認ください。

出産後の脱毛再開のタイミング

出産後に脱毛を再開するには、妊娠する前の体調に戻っていることが条件となります。
フレイアクリニックでは、産後1ヶ月健診で問題なく、体調も産前に戻っていれば産後2ヶ月から再開可能としております。

妊娠中に脱毛できない3つの理由

1.肌が敏感になっているため

妊娠中はレーザー照射で普段より強い痛みを感じたり、脱毛後の肌トラブルが起きやすくなったりします。ホルモンバランスの変化によって、妊娠していない時期と比べると敏感な状態になっているからです。

またプロゲステロンの分泌量が増えることで皮脂の分泌も増え、妊娠中はニキビや肌荒れに悩まされる女性もいます。
つわりのせいで十分な飲食ができず栄養・水分が不足し、肌トラブルが起きやすくなっている可能性もあります。

2.体調が安定しないため

フレイアクリニックの脱毛は、コースや部位により異なりますが、1回あたりに30分~150分程度の時間が必要です。
脱毛中は長時間同じ姿勢でいなければならず、予期せぬ体調不良が現れるおそれがあります。
フレイアクリニックでは、妊娠中は、不測のトラブルを防止するためにも脱毛をお断りしております。

3.毛周期が変わるため

体毛が生える・伸びる・抜け落ちる、というサイクル(毛周期)はエストロゲンとプロゲステロンのバランスによって作られているため、妊娠によってこのバランスが変化すると毛周期にも影響が現れます。

そしてレーザーの照射は、毛周期に合わせて行う必要があります。
そのため、女性ホルモンの影響で毛周期が変化しやすい妊娠中に脱毛を受けても、効果が得られなくなる可能性があるのです。

妊娠前に脱毛をしておきたい理由

妊娠するとホルモンバランスの変化によって、体毛が濃くなる場合があります。
しかし妊娠中は脱毛することができないだけではなく、毛の自己処理することも難しくなっていきます。

妊娠する前に脱毛を受けておくと、妊娠中に毛を気にするストレスや処理にかかる手間の軽減が見込めます。

妊娠中は毛が濃くなる

エストロゲンやプロゲステロンは体毛の濃さにも影響します。
妊娠中は女性ホルモンがたくさん分泌されるため、妊娠前よりも体毛が濃くなる場合があります。

ただしこれは一時的なもので、出産後はもとに戻るのが一般的です。それまでに受けた脱毛効果がリセットされるわけではありません。

また、妊娠すると産婦人科での検査や出産時など、肌を露出する機会が多くなります。

デリケートゾーンの毛をあらかじめ処理しておくことで、検査時などに恥ずかしさを抑えられる可能性があるでしょう。
また、出産時の会陰切開の傷や、産褥期の悪露によって陰部が蒸れたりかぶれたりするリスク軽減につながることもあります。

妊娠後期は自己処理がさらに困難になる

カミソリによる体毛の自己処理は、妊娠中でなくても肌を傷つけやすい行為です。妊娠中は特に肌が敏感になっていることから、肌トラブルを起こすがおそれが高いと言えます。

また、妊娠中期(4ヶ月~5ヶ月)ごろから、おなかのふくらみが目立つようになり、妊娠後期になると子宮の大きさは1,000倍にもなるといわれているため、身をかがめる姿勢をとることが難しくなります。

下半身には手が届かなくなってしまい、無理な姿勢での毛の自己処理でケガをしたり、おなかの胎児に不要な負担をかけたりするおそれもあります。

妊娠中の自己処理の注意点

どうしても毛を自己処理したい、毛が気になってストレスを感じるという場合には、電動シェーバーを使って処理を行いましょう。
刃が直接肌に触れにくいため、肌を傷つけにくい自己処理方法です。
妊娠によって肌が敏感になっていることも考慮し、自己処理後はいつも以上にしっかりと保湿ケアをするよう心がけてください。

カミソリ・毛抜き・除毛クリームの使用は避ける

カミソリ・毛抜き・除毛クリームなどを使った自己処理はしないでください。
上に記載したようにしたように、カミソリは肌に負担を与えやすい道具です。

また、除毛クリームはたんぱく質に作用し、肌の表面に出ている毛を溶かして取り除きます。体毛と同じく肌の主な成分はたんぱく質なので、体質によっては毛と一緒に肌の表面が溶けてかぶれてしまうことがあります。

毛抜きやブラジリアンワックスなどの毛を抜く処理は、毛が毛根からひっぱられるため、毛穴やその内部の組織を損傷させ、肌トラブルを引き起こす場合があります。

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。