無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛の注意事項

全身脱毛は妊娠したらストップ?妊娠前~妊娠中の適切な自己処理方法

妊娠中の女性のお悩みのひとつとして「ホルモンバランスの変化によって体毛が濃くなってしまうこと」が挙げられます。
普段通りに処理をしようと思っても、お腹が大きくなることで自己処理が困難になることも。

基本的に妊婦さんは、脱毛施術を行うことはできません。
出産後体調が落ち着くまでは、電動シェーバーなどで自己処理をするのがおすすめです。

妊娠がわかったら脱毛施術はストップ!

妊娠していることが分かったら、脱毛施術を受けるのはストップしましょう。
妊娠に伴うさまざまな体調の変化により、期待される脱毛効果が出なかったり、妊娠前よりもお肌にダメージを与えてしまったりします。

妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌量が変わることにより、次のような体調の変化が起こる可能性があります。

  • 乳頭、外陰部などが黒ずむ(色素沈着)
  • お肌が乾燥しやすくなる
  • ニキビができやすくなる
  • 毛深くなる
  • つわり
  • むくみ

など

例えばメラニン色素による黒ずみが強く出た場合、これまで問題なく照射ができていた部分であっても施術ができなくなる可能性があります。
お肌の乾燥やニキビといった肌トラブルも、悪化してしまうとその部分への施術は難しくなってしまうでしょう。

そのため多くのクリニックが妊娠中の女性への脱毛施術を控えています。
フレイアクリニックでも、妊娠中・授乳中の患者様への脱毛施術は実施していません。
フレイアクリニックへよくあるご質問

「胎児に悪影響はない」とされる医療レーザー脱毛

もし妊娠が分かる前に医療レーザー脱毛を受けていても、胎児への影響はないと考えられています。
医療レーザー脱毛はお肌のごく浅い領域に分布しているメラニン色素に反応する仕組みですから、子宮の中の胎児に熱が届くことはありません。

フレイアクリニックでは医師への相談を無料で受け付けています。
どうしても脱毛施術の影響が気になってしまう場合には、お通いの店舗で相談をするとよいでしょう。

「妊娠した!」とわかったら

フレイアクリニックではお通いいただいている患者様の妊娠が判明した場合、施術を中止いたします。
お取りしていたご予約もキャンセル対応いたしますので、まずは一度ご連絡ください。

途中解約

フレイアクリニックでは脱毛期間中に妊娠が判明した方は、休会をせず途中解約をすることも可能です。
この場合、解約手数料は一切いただきません。
返金額および解約手数料につきましては、施術コース内容や支払い方法等により異なります、詳細はカウンセリング時にお尋ねください。

コース料金の返金額などの詳細に関しては、お申込みいただいているコースや脱毛施術の残り回数などの条件によって内容が異なります。
詳しい規定はご契約時に担当のカウンセラーにお尋ねください。

脱毛再開は体調が回復してから

妊娠後に脱毛施術を再開するには、妊娠する前の体調に戻っていることが条件となります。
体調が戻る時期には個人差がありますが、最低でも出産後2カ月以上かかることがほとんどです。

体調が戻ったかどうかを確かめるには「再び生理が定期的に来るようになる」ことを目安にしてください。
産後1ヶ月健診で問題なく、体調も産前に戻っていれば産後2ヶ月から再開可能としております。

なぜ妊娠中は脱毛できないの?3つの理由

妊娠中の脱毛施術は控えた方がよいとされています。

1.肌が敏感になっているため

妊娠中の女性のお肌は、妊娠していない時期と比べて敏感な状態になっています。
そのため脱毛施術で普段より強い痛みを感じたり、施術後のお肌トラブルが起きやすくなったりします。

またプロゲステロンの分泌量が増えることで皮脂の分泌も増え、妊娠中はニキビや肌荒れに悩まされる女性も少なくありません。
つわりのせいで十分な飲食ができず栄養・水分が不足し、肌トラブルが起きやすくなっている可能性もあります。

もちろん、過度な肌トラブルが起きている箇所に照射を行うことはできません。

2.体調が安定しないため

フレイアクリニックの脱毛施術は、コースや部位により異なりますが1回30分~150分です。
脱毛施術中に長時間同じ姿勢でいることで、予期せぬ体調不良が現れるおそれがあります。

財団法人女性労働協会による調査では、75.2%の妊娠経験女性が妊娠中のストレスの理由に「つわりなど体調不安」を挙げています。
あえて心配事の多い妊娠中に脱毛施術を受け、不安要素を増やす必要はありません。

3.毛周期が変わるため

「体毛が生える・伸びる・抜け落ちる」というサイクル(毛周期)はエストロゲンとプロゲステロンのバランスによって作られているため、妊娠によってこのバランスが変化すると毛周期にも影響が現れます。

医療レーザー脱毛は毛周期に合わせて施術を行うことで脱毛効果が発揮されるものです。
そのため、女性ホルモンの影響で毛周期が変わる妊娠中は、期待した脱毛効果が得られなくなる可能性があります。

脱毛するなら「妊娠前」をおすすめする理由

妊娠するとホルモンバランスの変化によって、体毛が濃くなる場合があります。
しかし妊娠中は脱毛施術を受けることができないだけではなく、自己処理することも難しくなっていきます。

そのため妊娠を希望される方は、妊娠する前に脱毛施術を受けておくのがおすすめです。

妊娠中は毛が濃くなる

エストロゲンやプロゲステロンは体毛の濃さにも影響します。
妊娠中は女性ホルモンがたくさん分泌されるため、妊娠前よりも体毛が濃くなる場合があります。
ただしこれは一時的なもので、出産後はもとに戻るのが一般的です。それまでに受けた脱毛施術の効果がリセットされるわけではありません。

しかし妊娠すると産婦人科での検査や出産時など、肌を露出する機会が多くなります。
デリケートゾーンの毛をあらかじめ処理しておくことで、医師の目を気にして恥ずかしく感じることもなくなるでしょう。

また出産時に会陰切開をした場合の傷や、産褥期の悪露によって陰部が蒸れたりかぶれたりするリスクも軽減できます。

妊娠後期は自己処理がさらに困難に

カミソリによる体毛の自己処理は、妊娠中でなくてもお肌に大きなダメージを与えがちです。

「いつもはカミソリを使っても問題ない」という方でも妊娠中は特にお肌が敏感になっており、肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

また妊娠中期(4カ月~5カ月)ごろから、お腹のふくらみが目立つようになります。
妊娠後期になると子宮の大きさは1000倍にもなるといわれ、身をかがめる姿勢をとることはほぼできなくなるでしょう。
特にケアをしたくなる部位が多い下半身には手が届かなくなってしまうため、自己処理をストップする方もいます。

そのうえ無理な姿勢でカミソリを使うことで、ケガをしてしまうことも考えられます。
ご自身の身体とお腹の胎児に無用な負担をかけないためにも、カミソリの使用は控えたほうがよいでしょう。

妊娠中のおすすめ&NGムダ毛処理法

「どうしても自己処理したい」「毛が気になってストレス」という場合には、電動シェーバーを使って処理を行いましょう。
自身で行うムダ毛処理法の中でも、特にお肌への負担がかかりにくいのが「電動シェーバー」です。

カミソリのように刃が直接お肌に触れないため、お肌を傷つけにくく処理後の乾燥も避けられます。
妊娠によってお肌が敏感になっていることも考慮し、自己処理後はいつも以上にしっかりと保湿ケアをするよう心がけてください。

カミソリ・毛抜き・除毛クリームは避ける

一方でカミソリ・毛抜き・除毛クリームなどを使った自己処理は控えたほうがよいでしょう。
前段で説明したように、カミソリはお肌にダメージを与えやすい道具です。またお肌を乾燥させてしまうおそれもあります。

毛抜きやブラジリアンワックスなどの「毛を抜く」処理は、毛根から無理やり毛を引き抜くことになるため、毛穴やその内部の組織を損傷させる場合があります。
お肌の組織が傷つくことで、シワやたるみの原因になってしまうことも。
また脱毛中であれば、このような処理方法によって起こる毛周期の変化は、医療レーザー脱毛の効果が出にくくなる原因ともなります。

除毛クリームはたんぱく質に作用し、お肌の表面に出ている毛を溶かして取り除くお手入れグッズです。
カミソリのように物理的な処理を行わないので、「お肌にダメージはないんじゃないの?」と思われがちです。
しかし体毛と同じくお肌の主な成分はたんぱく質ですから、体質によっては毛と一緒にお肌の表面が溶けてかぶれてしまうことがあります。

妊娠中の敏感なお肌には不向きといえるでしょう。