無料カウンセリング予約

うなじの医療レーザー脱毛

うなじの毛は自分では見ることができませんが、人からは意外と見られているパーツのひとつです。首が出るショートカットやアップスタイルの髪型にした場合に、うなじの毛が処理されていると、清潔感のある印象づくりにつながります。

なお、髪の毛が生えている襟足部分は、レーザーの熱がメラニン色素に強く反応しやすく、火傷の危険性があるため照射ができません。フレイアクリニックでは、うなじを照射する前に照射範囲のマーキングを行い、患者さまご確認いただいてからレーザー照射をいたします。

うなじ脱毛の料金プラン

1回5回8回
うなじ 13,200円 38,500円 61,600円

うなじ施術の概要

うなじの施術範囲

首の付け根から襟足の手前までが照射範囲です。
襟足(産毛ではなく髪の毛部分)は照射できません。

うなじの所要時間

30分 *予約時間10分前のご来院をお願いしております。なお、施術時間は前後する場合がございます。
*事前に剃毛をしていただくと施術がスムーズです。

うなじの痛み
★★☆☆☆ うなじに生えているのはほとんどが産毛のため、脱毛施術にともなう痛みは感じにくいといわれています。襟足に近づくにつれ太く色が濃い毛になっていくため、レーザー照射時の熱に反応しやすくなり、痛みや熱さを感じる可能性が高くなります。
うなじのリスク

炎症による赤みや腫れ

施術後に赤みが出ることがありますが、時間が経つと落ち着くことがほとんどです。赤みが引かない場合は、冷やしたタオルなどで患部を冷却すると落ち着きやすくなります。冷却をしても症状が改善しない場合は、施術を受けたクリニックにご連絡ください。無料で医師の診察と処方に対応いたします。

硬毛化・増毛化

うなじのような産毛が多い箇所は、施術後に毛が増えてしまう増毛化や、毛が濃く硬くなる硬毛化などのリスクがあります。施術部位の一部の毛が抜けずに残っている場合などは、施術を受けた院にご相談ください。医師の診察により硬毛化・増毛化の症状であると確認した場合は、次回の施術時に脱毛機の出力を上げるなどの対応をいたします。

うなじ施術時の服装・体勢

施術ベッドにうつぶせになり、髪の毛をタオルなどでおさえて顎を引き、うなじを露出させます。うなじのみ脱毛を行う場合は、着衣のままで施術可能です。

うなじ脱毛に必要な回数と期間の目安

フレイアクリニックでは、患者さまにご満足いただける照射回数の目安を、5〜8回であるとお伝えしています。施術期間は5回コースで8ヶ月〜1年、8回コースで1年半~2年程度です。ただし、毛量や毛質は患者さまによって異なるため、施術期間や回数は個人差があります。

なお、医療脱毛は、毛周期という毛が生え変わるサイクルを踏まえ、施術ペースを提案するため、患者さまには2ヵ月以上間隔をあけて通院いただきます。

うなじ脱毛で襟足にレーザーを照射できない理由

うなじ脱毛の施術では、髪の毛が生えている襟足部分を避けてレーザーを照射します。

医療脱毛は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応したレーザーが熱を発し、その熱で発毛組織を破壊する仕組みです。髪の毛のような太くて濃い毛は、レーザーが反応しやすく、照射すると火傷や痛みの原因になってしまいます。

また、照射しても施術箇所の発毛組織が均一に破壊できるわけではないので、施術部位の毛がまばらに生えてくるリスクもあります。そのため、髪の毛部分を照射するようなデザインの指定はお受けできません。施術では、髪の毛が生えている部分の照射を避け、襟足の自然なカーブに合わせて照射可能な部分を施術いたします。

フレイアクリニックでは、施術前にスタッフが患者さまの襟足の形に合わせ、照射箇所をマーキングしていきます。マーキング完了後、初回施術時は左右・正面から写真を撮影し、患者さまにご確認いただきたうえでレーザー照射を進めます。

うなじの剃毛はフレイアクリニックのスタッフが担当

医療レーザー脱毛施術を受ける前には、あらかじめ施術部分の毛を自分で剃っておく必要があります。しかし、うなじは自分の目で見て処理を行うことができず、無理に剃毛すると肌を傷つけるおそれがあるため、フレイアクリニックでは施術前に女性スタッフが無料でシェービングを行うので、事前の自己処理は不要としています。

うなじのケアは日焼けに注意

うなじは髪が短かったり、髪を結んだりすると、日焼けしやすい部位ですが、紫外線対策を忘れがちです。

特にうなじ脱毛の施術後の肌は、医療レーザーの熱により肌が乾燥しやすく、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下しているデリケートな状態です。敏感になっている肌に紫外線を浴びると、かゆみや赤み、炎症といった肌トラブルの原因となることがあります。

さらに、強い日焼けをした場合などは次回のレーザー照射ができなくなる可能性もあるため、日焼け止めクリームや日傘、つばの広い帽子を使用して紫外線予防に努めましょう。

なお、普段からローションやクリームによる保湿も心がけてください。肌を乾燥から守りバリア機能をサポートすると、肌トラブルの予防につながります。