脱毛施術のリスク

医療レーザー脱毛にともなう硬毛化・増毛化のリスク

医療レーザー脱毛の施術後、照射部位の毛が濃く太くなる「硬毛化」や、毛量が増える「増毛化」が生じる可能性があります。

硬毛化や増毛化が起きる原因は解明されていませんが、うなじや二の腕、背中などの産毛や細い毛が多く生える部位に起きやすい症状です。なお、医療レーザーの照射を重ねることで症状が改善することがあります。

硬毛化・増毛化のリスクと考えられる原因

クリニックの医療レーザー脱毛だけでなく、エステサロンや脱毛サロンの光脱毛(美容脱毛)、家庭用脱毛器を含む「光線によって発毛組織に刺激を与える」毛の処理方法であれば、硬毛化や増毛化の症状が起きるリスクがあります。

なお、全身どの部位でも硬毛化や増毛化が生じる可能性がありますが、特にうなじや二の腕、お腹、背中、太ももなど、うぶ毛のような細い毛が多く生えているところは症状が出やすい傾向です。

硬毛化・増毛化の原因は医学的に解明されていませんが、一説には光線の照射時に発生した熱が発毛組織に十分に伝わらず、発毛組織の働きを抑制するのではなく、かえって活性化させてしまうことが要因で毛が濃く太くなったり、増えたりすると考えられています。

自己処理の後に毛が濃く見えるのは硬毛化・増毛化ではない

カミソリや電動シェーバーなどを使って剃毛したあと、伸びてきた毛が以前より太くなったように感じる方がいますが、それは硬毛化・増毛化ではありません。カミソリやシェーバーで剃った毛の断面は、剃る前の毛先よりも太くなるため、結果として毛が濃くなったように見えてしまうのです。

硬毛化・増毛化リスクに対するフレイアクリニックの対応

フレイアクリニックでは、患者さまの毛質や肌質に合わせてレーザーの出力を設定し、硬毛化や増毛化のリスク軽減に努めています。しかし、完全にリスクをなくすことは難しく、まれに施術部位に硬毛化や増毛化が起こることがあります。万が一、照射後に症状が見られた場合は、剃毛をせずに施術を受けた院までご連絡ください。契約期間内の場合、医師による診察のうえ、次回施術の設定を調整します。なお、コースの施術回数を消化し、新たに施術を受ける場合は追加で契約が必要です。

硬毛化・増毛化の症状は、医療レーザー照射の継続により改善することがあります。そのため、フレイアクリニックでは、症状がみられた場合、次回施術で照射出力を上げるなどの対応を行います。硬毛化や増毛化のリスクに関する不明点があれば、当クリニックの医師や看護師にご相談ください。