無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛保湿
医療脱毛の注意事項

脱毛期間中の肌の乾燥を防ぐための保湿ケアのポイント

脱毛期間中は肌が乾燥しやすく、外からの刺激を受けやすくなります。
乾燥した肌にレーザーを照射するといつもより痛みを強く感じたり、照射によって予期せぬ炎症が起きてしまったりする可能性があります。
肌トラブルや照射によるトラブルを避けるためにも、日ごろから意識して肌の保湿をおこなうことが大切です。

保湿が大切な理由と乾燥が医療脱毛に与える影響

レーザーを照射すると肌がダメージを受け、肌を守ったり、水分を保持したりする「バリア機能」が低下します。
バリア機能が低下することで肌が刺激を受けやすくなり、乾燥もしやすくなるため、外部からの刺激を受けて炎症などの肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

また、施術前にすでに肌が乾燥している場合も、炎症のリスクは高くなります。
乾燥した肌は刺激に敏感になるため、照射時に痛みを感じやすくなったり、レーザー照射が刺激となって肌に赤みやかゆみなどの炎症が起きたりする可能性があります。

場合によっては照射出力を調整しなければならず、その場合は施術効果が得にくくなる恐れがあります。

肌の乾燥は肌トラブルの原因や照射の妨げになるため、施術後だけではなく日常的に肌の保湿を心掛けるようにしましょう。

肌の乾燥を予防するセルフケア

保湿

肌が乾燥しやすくなる、入浴後や自己処理後、日焼けした後などに保湿をおこなうようにしましょう。

顔は化粧水・乳液・クリーム、体はボディクリームやボディローションなどを使用します。
背中などの手が届きにくい場所は、スプレータイプのボディローションを使うなどして、できるかぎり塗り漏れがないようにします。

VIOは、まずシャワーを浴びるなどして照射部位を清潔にしてから保湿をします。
体に使うボディクリームではなく、低刺激のものやデリケートゾーン専用のクリームを使うようにしましょう。

保湿ケアは肌の状態に合わせて見直す

冬から春、夏から秋など、気温や紫外線量が変わる季節の変わり目は、普段と同じ保湿ケアをしていても乾燥を感じることがあります。

肌が乾燥して荒れているときは、いつもより低刺激の化粧品や高保湿のクリームに変えたり、スキンケアにオイルを足したりするなどして、肌の状態に合わせてスキンケアを変えてみましょう。

また、部屋や仕事場に加湿器を置いて湿度を上げるなどして、乾燥しない空間をつくることも大切です。 

施術前は無香料、無着色のクリームを使用

施術当日、来院前に保湿クリームをつけてくる場合は、無香料・無着色で保湿成分以外の異物が入っていないものを使用するようにしてください。
香料や着色料、ラメなどが入っている保湿クリームを使うと、レーザー照射の刺激によって思わぬ炎症を引き起きてしまう可能性があります。

また、着色料やラメが毛穴を埋めてしまうため、レーザーが毛のメラニン色素に反応しづらくなる可能性があります。

紫外線対策

日焼け後は肌が乾燥しやすくなります。
紫外線の多い夏場はもちろん、それ以外の季節でも日常的に日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラスなどを使ったりして、紫外線対策をおこないましょう。

摩擦予防

気温や湿度の変化によって肌が乾燥すると肌が刺激を受けやすくなり、洋服や下着による摩擦で肌に炎症が出ることがあります。

洋服や下着、パジャマなどが肌にふれてかゆみやごわつきを感じる場合は、肌に刺激の少ないコットンやシルクなどの素材や、縫い目やつなぎ目の少ないものに変えることで刺激を抑え、乾燥を予防します。

睡眠

肌の乾燥を予防するには睡眠を十分にとることも重要です。
睡眠不足は肌荒れや乾燥の原因となる場合があるからです。

睡眠中は、肌のターンオーバーを促す「成長ホルモン」が分泌されています。
しかし、寝不足になると分泌される量が減り、肌のターンオーバーが乱れる原因となります。ターンオーバーが乱れると古い角質が肌表面にとどまり、肌がごわついたり乾燥したりします。

夜更かしや徹夜などはできるだけ避けて、毎日十分な睡眠時間をとるようにしましょう。

無料カウンセリングはこちら