無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛の注意事項

脱毛期間中の日焼けはNG!上手な紫外線との付き合い方

医療脱毛クリニックでは、基本的に日焼けによる皮膚の赤みや炎症等があるときにはレーザー照射ができません。フレイアクリニックでは、患者さまに脱毛期間中の日焼けは避けるようにお願いしています。

また脱毛機の種類によっては、日焼け後の褐色の肌でもレーザー照射ができない可能性もあります。ただ、フレイアクリニックで取り扱っている蓄熱式脱毛機による施術は、低い出力のレーザーで発毛因子にアプローチする仕組みなので、褐色肌や黒褐色肌でも施術できることがあります。

とはいえ、基本的には日焼けをすると約2週間は施術できません。万全の状態で施術を受けるためには、日焼けが及ぼす肌や脱毛施術への影響を知り、紫外線と上手に付き合っていくことが大切です。

脱毛期間中に日焼けしてはいけない理由

肌が炎症を起こしているとレーザーを照射できない

一般的に医療レーザー脱毛は、黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーを照射し、毛母細胞などの発毛組織を破壊して脱毛します。

日焼けをした肌は、紫外線の影響で炎症を起こし、皮膚表面にメラニン色素が大量に増殖した状態です。
このような状態で医療脱毛の施術を受けると、毛だけではなく肌表面のメラニンにレーザーが反応して火傷する恐れがあります。

また、紫外線を浴びて乾燥し、ヒリヒリ感を伴う炎症を起こしている肌にレーザーを照射すると、激しい痛みを伴うことがあります。
そのため、日焼けで炎症を起こしている肌には、レーザーを照射できません。

肌の炎症が落ち着けば施術できますが、日焼け後の肌の色の濃さによっては、火傷を避けるためにレーザー照射の出力を弱めて施術しなければならないことがあります。出力を弱めると、十分な脱毛効果を得ることができなくなってしまいます。

脱毛後の日焼けは肌トラブルのもと

脱毛はレーザー照射時に熱を発生させるため、施術後の肌は内部にこもった熱で乾燥し、バリア機能はダメージを受けた状態です。
その状態で日焼けをすると、肌荒れやシミ・そばかすなどのトラブルの原因になります。

また、症状が出ている場合、日焼けで施術後の赤みがさらに強くなったり、毛嚢炎(もうのうえん)になったりするため、脱毛後2週間は日焼けをしないように心がけましょう。

蓄熱式脱毛機は黒褐色の肌でも照射OK!

フレイアクリニックで採用している蓄熱式脱毛機は、褐色肌でも脱毛施術が可能です。

熱破壊式の医療レーザー脱毛では、レーザーがメラニン色素に反応して熱を発し、毛乳頭や毛母細胞を破壊します。
このとき出力の高いレーザーを瞬時に照射するので、皮膚表面にメラニン色素が多い褐色肌の方は施術を断られることがあります。
しかし、蓄熱式脱毛機は、低い出力のレーザーで発毛因子「バルジ領域」にじわじわと熱を加えて破壊して脱毛するため、褐色肌でも照射が可能なのです。

外出が多く日焼けしやすい方や、日焼けを楽しみたいという方、生まれつき褐色や黒褐色の肌の方でも蓄熱式脱毛機なら施術可能な場合があるので、フレイアクリニックにご相談ください。

ただし、蓄熱式脱毛機でも日焼け直後の赤みがある肌や炎症を起こしている肌の場合は施術できません。
施術直前に日焼けした場合は、クリニックにご相談ください。フレイアクリニックでは施術予定日の2営業日前の20時までなら予約の変更が可能です。

万一、変更期限が過ぎてしまった場合でも、コース契約中1回に限り無料でキャンセルや予約日程の変更ができ、キャンセル料もかかりません。
ただし、変更期限を過ぎた2回目以降の変更やキャンセルは施術1回分消化扱いとなります。

脱毛期間中は日焼け対策を万全に!

万全な状態で施術を受けるために、脱毛期間中は紫外線対策に取り組みましょう。

日傘や帽子で対策

肌に負担をかけない紫外線対策としては、日傘や帽子が有効です。
特につばの広い帽子、遮光率の高い日傘を選ぶと直射日光を防ぎやすいです。

また、外出する際には長袖などを着用して肌の露出を少なくすることも日焼け対策に効果的です。

日焼け止めを塗る

夏だけではなく、日照時間が短い冬でもできるだけ日焼け止めを塗って紫外線を防ぐようにしてください。

日焼け止めは、クリームに含まれる水分の蒸発によって紫外線防止成分にすき間ができたり、汗で流れてしまったりするので、2~3時間おきに塗り直すようにしましょう。

また、日焼け止めはSPFやPAの数値が高くなるほど肌への負担が大きいとされています。
そのため、夏の外出時に使用するようなSPFの高い日焼け止めをいつも塗る必要はありません。
紫外線にあたる量や時間の長さを考え、日常生活ではSPF10~20 PA++、屋外で過ごす時間が長い場合はSPF30以上、PA+++を選ぶなど、用途によって使い分けましょう。

うっかり日焼けしたら早めのアフターケアを

万一、脱毛後に日焼けをした場合は、できるだけ早い段階でのアフターケアを心がけてください。

日焼けした肌を冷却する

日焼けした後は、肌が火傷を負っている状態なので、水で濡らしたタオルや保冷剤を使ってできるだけ早く肌のほてりをしずめましょう。
ただし、凍った保冷剤や氷を直接肌につけると冷やし過ぎによってさらにダメージを与えてしまいます。
保冷剤や氷はタオルやガーゼで包んで肌にあててください。

十分に保湿をする

日焼けした部分を冷やし、十分に保湿してください。
日焼けで肌が乾燥すると外部からの刺激でダメージを受けやすく、さらに肌が生まれ変わるサイクル「ターンオーバー」の乱れにもつながります。
化粧水や乳液、クリームなどは、いつもより多めの量を優しく塗布し、こまめに塗り直すなどして、ターンオーバーをサポートしましょう。