無料カウンセリング予約

Vライン脱毛

Vライン(ビキニライン)は、メラニン色素を多く含む濃く太い毛が多いため、脱毛レーザーに反応しやすい部位です。脱毛によって毛をなくしたり、毛量を減らしたりすることで、蒸れによる雑菌の繁殖を防止し、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。Vラインは施術時の痛みを強く感じやすい部位ですが、フレイアクリニックでは照射の手順などを工夫して患者さまの負担を軽減できるように努めています。

Vラインの脱毛プラン

1回 5回 8回
Vライン脱毛 15,400円 44,000円 70,400円

※表示価格は税込

VIO全体を脱毛したい方は、VIO脱毛のセットプランも選べます。

1回 5回 8回
VIO脱毛セット 41,800円 93,500円 140,800円

※表示価格は税込

Vライン脱毛の概要

Vライン脱毛の施術範囲 左右の骨盤を結んだ線から下、脚の付け根より内側の範囲。おへそから下ではありません。
Vライン脱毛の所要時間 30分※予約時間の10分前にはご来院ください。
Vライン脱毛の痛み 痛みの程度★★★★☆

濃く太い毛が密集しているのでレーザーの照射で大きな熱が発生しやすく、皮膚も薄いため、痛みを感じやすいです。

Vライン脱毛のリスク ・炎症による赤みや腫れ
Vラインはメラニン色素を多く含む太く濃い毛が生えやすく、レーザーの照射で大きな熱が発生しやすいため、肌に炎症が起こり赤みや腫れが出る可能性があります。

・毛嚢炎(もうのうえん)
Vラインの皮膚は薄く繊細なため、レーザー照射後、毛穴に細菌が入り込むと炎症が起き、毛嚢炎が生じることがあります。

・照射漏れ
Vライン付近の脚の付け根などは、凹凸があり形状が複雑なので、照射ヘッドの浮きなどによりレーザーが適切に毛根に照射されない「照射漏れ」が発生する可能性があります。

施術後に上記のような症状が出た場合は、通院中のクリニックにご連絡ください。

Vライン脱毛の施術時の服装・体勢 Vラインのみの場合、上半身の着替えは必要ありません。下着を脱ぎ、ベッドに仰向けになっていただきます。施術時は体の上にタオルをかけて、照射に必要な部分だけが見えるようにして施術を行います。

Vライン脱毛の施術回数と期間の目安

フレイアクリニックのVライン脱毛は、患者さまにご満足いただける施術回数を目安として5~8回に設定しています。Vラインは、メラニン色素が多い太く濃い毛が生えているため、レーザーに反応しやすい部位ですが、毛量や肌質によって追加で施術を受ける患者さまもいます。なお、施術期間は、5回コースの場合、2~3ヶ月おきの施術で最短8ヶ月~1年程度です。患者さまの施術状況に合わせ、施術日を提案するため、施術間隔や施術期間には個人差があります。

Vラインで定番のデザイン

フレイアクリニックでは、カウンセリングのときに患者さまの希望のデザインをうかがっています。三角形、四角形などの形や大きさは、施術スタッフと相談しながら決めることができます。

  • ナチュラル:もともとものVラインの形を大きく変えず、自然に整えるデザインです。下着やビキニからアンダーヘアがはみ出さない程度に手入れしたい方におすすめです。
  • 逆三角形:ナチュラルより深めで逆三角形に整えるデザインです。小さめのショーツから毛がはみだす心配がなく、お手入れしていることはわかるものの、過度な処理に見えない見た目に仕上がります。
  • I型:Iの文字のように細いラインを残すデザインです。露出度の高い下着や水着を着る機会が多い方に好まれています。
  • スクエア型:台形のような四角いデザインです。すっきりとした印象です。
  • ハイジニーナ:アンダーヘアを一切残さないデザインです。お手入れの手間が省け、生理中の蒸れや不快感を防げます。

Vラインの自己処理のポイント

Vラインの自己処理は、ハサミで長い毛をカットした後に、電動シェーバーで剃り、保湿クリームやローションで保湿をするのが基本です。毛の生えている方向に沿って、Vラインの皮膚を手で軽く抑えながら処理していきます。毛抜きやワックス、カミソリは、肌を傷つけるおそれがあるので使わないようにしましょう。特に毛を抜いてしまうと、メラニン色素そのものがなくなるため、レーザーが反応しなくなり、施術効果が得られなくなるおそれがあります。

自己処理の際は、全体の毛量を減らすことを目的として施術を受ける場合、一般的に1~2回目はVライン全体の毛を剃っていただきます。ただし、照射後に毛がまばらに生えてくるリスクもありますので、慎重に判断しましょう。3回目以降は、患者さまのご希望に合わせてデザインを調整していきます。

希望されるデザインがある場合は、なくしたい毛の部分を自己処理してきていただき、その部分にのみ照射を行います。

フレイアクリニックのVライン脱毛のポイント

Vラインに色素沈着があっても施術可能

Vラインは、下着との摩擦や自己処理が原因で色素沈着が起こりやすい部位です。フレイアクリニックで採用している蓄熱式脱毛機による施術の場合、医師の診断にもとづき、Vラインに色素沈着がある患者さまも施術を受けていただけます。

蓄熱式脱毛機は、皮膚内部で毛根の組織に栄養を送る器官である「バルジ領域」を主なターゲットとしています。低出力のレーザーを連続照射して、熱を蓄積していくことでバルジ領域を破壊します。レーザーの出力が高いと、色素沈着や日焼けした褐色肌の皮膚表面のメラニン色素に反応して火傷が生じる可能性が高くなりますが、低出力のレーザーを使用するため、火傷のリスク低減につながっています。

そのため、蓄熱式脱毛機では、色素沈着のある肌や日焼け肌、褐色肌、黒褐色肌にも施術が可能となっています。

痛み軽減の取り組み

Vラインは医療レーザー脱毛で痛みを感じやすい部位とされていますが、蓄熱式脱毛機は低出力のレーザーを連続照射してじわじわと熱を溜めていくため、痛みが軽減されることがあります。さらに照射のタイミングに合わせてお声がけをすることで、患者さまが痛みに驚かれたり、緊張で体がこわばったりすることのないよう工夫しています。

施術による痛みが不安な方は、麻酔を無料で処方することができるので、カウンセリングの際にご相談ください。

医療脱毛施術の麻酔の種類と使用の注意点

Vラインの露出は最小限にとどめて施術

Vラインなどのデリケートゾーンへの施術は、下腹部の露出をすることから抵抗がある女性も多くいらっしゃいます。フレイアクリニックでは、女性看護師が個室で対応するほか、施術時の体勢や格好にも配慮して恥ずかしさを軽減できるよう工夫しています。

施術ではベッドに仰向けで寝ていただき、照射の際はレーザーを当てるのに必要な部分だけ露出し、テンポよく照射します。

生理中はタンポン使用で施術可能

フレイアクリニックでは、生理中でもタンポンを使用すればVラインの脱毛施術を受けることができます。ただし、施術時に初めてタンポンを利用する方は、緊張やストレスにより吐き気やめまい、失神などを起こすリスクがあるので、施術をお断りしています。

また、感染症や肌トラブルのリスクがあるので、タンポンを使用しない場合、生理中のVラインの施術はできません。

予約日を変更する場合は、予約日から2営業日前の20時までに日程の変更やキャンセルを行うようにしましょう。また、コース契約中1回に限り、期限を過ぎた場合でも無料でキャンセルや予約日程変更ができます。変更期限を過ぎた2回目以降の連絡の場合は、施術1回分が消化となってしまいますので注意してください。

生理中にフレイアクリニックで医療脱毛施術を受ける注意点

Vライン脱毛の「すそわきが」への影響

デリケートゾーンは、汗や垢、尿などの老廃物が毛に付着すると雑菌が繁殖し、においが発生しやすくなる場所です。Vラインを脱毛すると、雑菌の繁殖が抑制され、においが軽減されることがあります。

しかし、鼻に突くような独特なにおいが発生する「すそわきが」が改善することはありません。わきがは、汗腺の一つである「アポクリン腺」に含まれるアンモニアや脂質、たんぱく質などが菌によって分解され、においが発生する症状です。すそわきがの治療ではアポクリン腺を破壊する必要がありますが、脱毛レーザーはアポクリン腺には影響を与えません。そのため、レーザーの照射で、すそわきがが改善したり、悪化したりすることはありません。