無料カウンセリング予約

Vライン脱毛の基本情報

Vライン(ビキニライン)は、レーザーが反応しやすい太く濃い毛(メラニンを多く含む毛)が多いので、脱毛効果が表れやすい部位です。脱毛することによって、蒸れやすいデリケートゾーンを清潔に保てます。施術時の痛みを強く感じやすい部位ですが、フレイアクリニックでは照射の手順などを工夫して患者さまの負担を軽減できるように努めています。

Vラインの脱毛プラン

1回 5回コース 8回コース
Vライン脱毛 14,000円 40,000円 64,000円

※表示価格は税別

VIO全体を脱毛したい方は、VIO脱毛のセットプランも選べます。

1回 5回コース 8回コース
VIO脱毛セット 38,000円 85,000円 128,000円

※表示価格は税別

Vライン脱毛の概要

Vライン脱毛の施術範囲 腸⾻から下、⿏径より内側の範囲 ※おへそから下ではありません
Vライン脱毛の所要時間 30分(VIOセット脱毛30分)
Vライン脱毛の痛み 痛みの程度★★★★

太い毛が多いうえに肌が柔らかいため、痛みを感じやすい部位です。

Vライン脱毛のリスク ・乾燥

・肌荒れ

・炎症性浮腫

・照射漏れ

Vラインの脚の付け根付近などは、肌の形状が複雑なので照射漏れが発生する可能性があります。

Vライン脱毛の施術時の服装・体勢 Vラインのみの場合、上半身の着替えは必要ありません。仰向けになり、下着を脱いで照射に必要な部分だけを見えるようにして施術を行います。

Vラインで定番のデザイン

フレイアクリニックでは、カウンセリングのときに患者さまの希望のデザインをうかがっています。三角形、四角形などの角度や大きさは、好みに合わせて調整可能ですので、施術スタッフと相談しながら決めることができます。

  • ナチュラル:形は変えず毛の量を調節するもので、最も人気があります。お手入れしたことがわかりにくい自然な見た目を好まれる方におすすめです。
  • 逆三角形:ナチュラルより深めで逆三角形に整えるデザインです。普通のショーツから毛がはみだす心配がなく、お手入れしていることはわかるものの、過度な処理に見えない見た目に仕上がります。
  • I型:Iの文字のように細いラインを残すデザインです。露出度の高い下着や水着を着る機会が多い方に好まれています。
  • スクエア型:台形のような四角いデザインです。自然ですっきりとした印象です。
  • ハイジニーナ:アンダーヘアを一切残さないデザインです。お手入れの手間が省け、生理中の蒸れや不快感を防げます。

Vラインの自己処理のポイント

Vラインの自己処理は、ハサミで長い毛をカットした後に、電気シェーバーで剃り、保湿クリームやローションで保湿をするのが基本です。毛の生えている方向に沿って、Vラインを手で軽く抑えながら処理していきます。毛抜きやワックス、カミソリは、肌を傷つけるおそれがあるので自己処理には使わないようにしましょう。特に毛を抜く方法は、毛周期の乱れにつながり、脱毛効果が得られにくくなることもあります。

施術の流れとして、全体の毛量を減らすことを目的としている場合、一般的に1~2回目は全体を剃っていただきます。ただし、照射後に毛がまばらに生えてくるリスクもありますので、慎重に判断しましょう。3回目以降は、患者さまのご希望に合わせて毛量やデザインを調整していきます。

希望されるデザインがある場合は、なくしたい毛の部分を自己処理してきていただき、その部分にのみ照射を行います。

フレイアクリニックのVライン脱毛のポイント

Vラインに色素沈着があっても脱毛OK

フレイアクリニックで採用している蓄熱式脱毛器は、下着の摩擦や自己処理によって色素沈着を起こしているVラインでも施術可能です。

蓄熱式脱毛器は、発毛を促すバルジ領域にじわじわ熱を与えることで脱毛効果を得る仕組みです。毛根組織を破壊する医療レーザー脱毛機に比べ、低い出力でレーザーを照射するので、皮膚の色に関わらず施術が受けられます。

痛み軽減の取り組み

また、Vラインは医療レーザー脱毛で痛みを感じやすい部位とされていますが、蓄熱式脱毛機は低い出力でレーザーを照射するので、従来の医療レーザー脱毛より痛みを軽減できます。さらにフレイアクリニックでは、施術の際には患者さまにお声がけして、痛みを確認しながら照射を行っています。

施術による痛みが不安な方は、麻酔を無料で処方することができるので、カウンセリングの際にご相談ください。ただ、蓄熱式脱毛機による脱毛は、もともと痛みが少ないため、麻酔を使用される方はほとんどいません。

Vラインの露出は最小限にとどめて施術

Vラインなどのデリケートゾーンへの施術は、下腹部の露出をすることから抵抗がある女性も多くいらっしゃいます。フレイアクリニックでは、女性看護師が個室で施術対応し、照射の際の露出は最低限にとどめ、恥ずかしさを軽減できるように工夫しています。

生理中はタンポン使用で施術可能

フレイアクリニックでは、生理中でもタンポンを使用すればVラインの脱毛施術を受けることができます。ただし、施術時に初めてタンポンを利用する方は、迷走神経反射のリスクがあるので、施術をお断りしています。

また、感染症や肌トラブルのリスクがあるので、タンポンを使用しない場合、生理中のVラインの施術はできません。予約日を変更する場合は、予約日から2営業日前の20時までに日程の変更やキャンセルを行うようにしましょう。また、コース契約中1回に限り、期限を過ぎた場合でも無料でキャンセルや予約日程変更ができます。変更期限を過ぎた2回目以降の連絡の場合は、施術1回分が消化となってしまいますので注意してください。

Vライン脱毛で「すそわきが」は改善しません

デリケートゾーンは、汗や垢、尿などの老廃物が毛に付着すると雑菌が繁殖しやすいので、においが発生しやすい場所です。Vラインを脱毛すると、雑菌の繁殖が抑制され、においが軽減されることがあります。

しかし、鼻に突くような独特なにおいが発生する「すそわきが」が改善することはありません。わきがは、汗腺の一つである「アクポリン腺」に含まれるアンモニアや脂質、たんぱく質などが菌によって分解され、においが発生する症状です。脱毛施術で肌にレーザーを照射しても汗腺の機能に影響しないので、すそわきがが改善したり、悪化したりすることはありません。