無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛当日運動
医療脱毛と肌トラブル

脱毛施術の当日に運動を控えるべき理由と運動開始のタイミング

フレイアクリニックでは、脱毛の施術当日は運動をしないよう患者様にお願いしています。

施術当日に運動を行うと、施術による炎症リスクや施術後に肌トラブルを起こす可能性が高くなります。
運動は施術の翌日以降、肌の様子をみながら再開するようにしてください。

施術当日は運動を控える

施術後はレーザーの照射熱が皮膚にこもり、肌に赤みやほてりなどの症状が出ることがあります。
通常、患部を冷やす、または保湿をおこなうことで、施術後数日から1週間ほどで症状が治まることがほとんどですが、ランニングや筋トレをして身体の血行が良くなると、症状が長引いたり悪化したりすることがあります。

施術後の肌は乾燥しやすく、外部からの刺激に敏感な状態です。
施術後に運動して汗をかくと、肌に雑菌が繁殖しやすくなり、炎症などの肌トラブルが起きる原因となる可能性があるため、施術後の運動は控えるようお願いしています。

また、フレイアクリニックでは施術前の運動も控えるようお願いしています。
施術前に運動して体温が上がった状態のままレーザーを照射すると、施術中に痛みを感じやすくなったり、施術後に赤みなどの肌トラブルを起きる可能性が高くなります。
施術を受けたあとは運動のほかにも、入浴、飲酒、サウナなどの血行を良くする行為は控えましょう。

脱毛後の肌トラブルを避けるために気をつけたい7つのこと

運動再開は肌の状態をみながら判断する

フレイアクリニックでは、運動再開の目安を施術日の翌日以降としています。

ただし、翌日以降であっても、肌に赤みやほてり、かゆみ、ひりつきなどの炎症がある場合は運動をしないようにしてください。
運動をして体温が上昇すると、症状が長引いたり悪化したりする可能性があります。

運動後のケア

血行が良くなると肌が敏感になりやすく炎症リスクも高くなるため、運動後はセルフケアをおこないましょう。
肌トラブルが起きると場合によっては施術ができなくなる可能性もあるため、日ごろから肌のケアをしてください。

運動した後は、まず洗顔やシャワーで顔や体についた汗を流します。
汗を放置すると雑菌が繁殖しやすくなるためです。
シャワーができない場合は、濡らしたタオル、もしくはガーゼなどのやわらかいハンカチでやさしく汗をふき取ります。
汗をふいたハンカチやタオルは雑菌が繁殖しやすいので、替えのタオルやハンカチを用意して常に新しいものを使うようにすると衛生的です。

肌を清潔にした後は、乾燥を防ぐために化粧水や乳液、ボディクリームなどを使って肌に水分と油分を補います。
化粧水だけでは保湿が足りないこともあるので、クリームなどで油分を補うことも忘れないようにしましょう。

もし、運動後しばらく経っても肌にほてりを感じる場合は、水にぬらしたタオルや保冷剤を使って肌をクールダウンさせます。
ほてりが続くと肌に赤みやかゆみが出て、炎症を引き起こす原因になることがあるためです。

無料カウンセリングはこちら