無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

肌弱い
医療脱毛と肌トラブル

敏感肌の方の医療脱毛の施術可否とフレイアクリニックの施術時のポイント

フレイアクリニックは蓄熱式脱毛機専門のクリニックのため、肌が刺激に弱く肌トラブルが起こりやすい敏感肌の方でも脱毛施術を受けられる可能性があります。
また、医療脱毛をすることでカミソリなどによる毛の自己処理頻度が減り、肌トラブルが起きる原因を減らすことにつながります。

蓄熱式脱毛機は肌への刺激が少ない

フレイアクリニックで導入している蓄熱式脱毛機は、低い出力のレーザーを複数回照射して肌に少しずつ熱を与えることにより脱毛効果を得る仕組みです。
瞬間的に強い出力でレーザーを照射する熱破壊式脱毛機よりも蓄熱式脱毛機のほうがレーザーの出力が低いため、肌が刺激に弱い方でも医療脱毛施術を受けていただける可能性が高いと言えるでしょう。

ただしフレイアクリニックでは、施術前から湿疹・赤み・腫れ・化膿などの症状がみられる箇所に関して、施術による症状悪化を避けるために照射を行っておりません。
脱毛希望部位にそれらの症状が出ている場合は、患部を避けて照射するか、症状が治まってから改めて照射を行います。

そのため、フレイアクリニックにご来院前からレーザー照射できない症状がみられる場合は、皮膚科で治療を受けるなどして症状を落ち着かせておくと脱毛施術の進行がスムーズになります。

フレイアクリニックでは、医療脱毛による敏感肌への影響が不安な場合や、肌状態による照射可否を知りたい場合など、無料カウンセリングにて直接医師にご相談いただけます。
ご希望の場合はレーザーのテスト照射も可能なので、お気軽にお尋ねください。

アトピー性皮膚炎の方は「アトピー肌でも医療レーザー脱毛は受けられる?」の記事も併せてご確認ください。

医療脱毛は医師のもとで行われる脱毛

毛の自己処理にリスクがあるように脱毛施術にも施術後の赤みや火傷、毛嚢炎等のリスクがありますが、フレイアクリニックは医療機関であり医療行為としての脱毛施術を行っているため、そのリスクを軽減する仕組みがあります。

事前に医師が患者さまを診察した上で脱毛可否を判断し、脱毛施術は医師の監督下で看護師が担当します。
また、万が一肌トラブルが起きた場合は、フレイアクリニックでは医師が追加料金なしで診察のうえ薬の処方や必要な処置を行います。

長期にわたって毛の自己処理を軽減できる

医療脱毛クリニックは医療機関のため細胞破壊を法律で許されており、医療レーザー照射で発毛細胞を破壊することができます。
発毛細胞が破壊された毛穴からはほとんど毛が生えてこないため、長期にわたり毛の自己処理の回数や手間を軽減できると言えます。

無料カウンセリングはこちら