無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛肌荒れ
脱毛と肌トラブル

肌荒れしていても医療脱毛はできる?フレイアクリニックの蓄熱式脱毛での対応

医療レーザー脱毛クリニックでは、医師の診察のもと施術が行われます。
施術部位にかゆみ、赤み、吹き出物、乾燥によるかさつきなどの肌荒れがある場合、患者さまの肌状態によって施術の対応は異なります。

フレイアクリニックでも患者さまの肌状態に合わせ、医師がレーザーの出力設定、照射範囲を判断しています。
カウンセリングや施術前の診察の際、肌荒れなどの不安な点があればご相談ください。

肌荒れの状態に合わせて照射可否を判断

医療脱毛クリニックでは、医師が患者さまの肌状態を診察し、照射可否を判断します。
そのうえで医師や看護師が施術を行います。

診察の際には、患者さまの毛質や肌質、さらに肌荒れなどの状態を確認し、施術を行う場合は一人ひとりの肌状態にあわせて出力設定を決定しています。

フレイアクリニックでは、軽度の乾燥程度であれば、医師の診察のもと施術を受けていただけます。
ただし、肌荒れによる炎症や傷、腫れがあったり、肌が過度に乾燥していたりする場合、患部の照射を避ける、もしくは肌状態が落ち着いてから施術を行うこともあります。
レーザー照射によって、肌荒れが悪化したり、赤みやかゆみが生じたりするリスクがあるためです。

なお、当クリニックではリスク予防に努めていますが、施術後に肌トラブルが発生した場合、医師の診察や医薬品の処方に無料で対応しています。
レーザー照射後、肌に不調が現れた際は施術を受けたクリニックへご連絡ください。

蓄熱式脱毛による施術と肌への影響

フレイアクリニックの施術では、蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機を使用します。
蓄熱式脱毛機は、肌に低出力のレーザーを照射し、発毛を促す「バルジ領域」にじわじわと熱を与えて破壊します。

皮膚表面付近に分布するバルジ領域が照射のターゲットのため、毛根にある毛乳頭や毛母細胞をターゲットとする熱破壊式に比べ、弱いエネルギーでの施術が可能です。

また、フレイアクリニックで採用している蓄熱式脱毛機は、皮膚表面を冷やしながらレーザーを照射していきます。
肌の急な温度上昇が抑えられ、火傷のリスク軽減につながるため、肌に負担をかけにくい施術といえます。

施術後の肌荒れを予防するセルフケア

医療レーザー脱毛施術を受けると、レーザー照射時に発生した熱などが原因で肌が乾燥したり、赤みやかゆみが生じたりすることがあります。

施術前後は、乾燥を避け、ほてりを冷ますため、肌を保湿することが大切です。
肌が乾燥していると、肌トラブルの発生や悪化につながってしまいます。
化粧水やローション、クリームでうるおいを与えましょう

また、施術前後の体温上昇を伴う行為も肌の乾燥や炎症の原因となり、肌荒れを引き起こす可能性があります。
施術当日は激しい運動や入浴、飲酒などは避けてください。

また、施術後1〜2日程度は、施術部位をタオルで強くこする、マッサージするなどの肌に刺激を与える行為は控えましょう。

なお、日焼けも肌の乾燥や炎症を悪化させる原因のため、日焼け止めクリームや日傘などで紫外線対策も行いましょう。

脱毛施術を受ける前に必要な準備は?自己処理やスキンケアの注意点を解説

脱毛後の肌トラブルを避けるために気をつけたい7つのこと

自己処理の回数が減れば肌トラブルのリスクも下がる可能性がある

ニキビや乾燥、色素沈着などの肌荒れは、毛の自己処理が原因で生じることがあります。
カミソリや毛抜き、除毛クリームによるセルフケアが肌に大きな負担をかけてしまうためです。
医療レーザー脱毛の施術を行い、毛が生えにくくなると自己処理の頻度が下がるため、肌トラブルの予防につながります。

なお、医療レーザー脱毛の施術前は、毛を剃る必要があります。
毛が伸びていると、レーザーがメラニン色素に過度に反応して火傷する可能性があるためです。

施術前の自己処理は、電動シェーバーを使用しましょう。
電動シェーバーは刃が直接肌に触れにくく、色素沈着や乾燥の原因となる角質をそぎ落とすリスクが少ない自己処理方法だからです。
また、施術前の自己処理後は、肌の乾燥を防ぐため、ローションやクリームでの保湿を忘れないようにしましょう。

無料カウンセリングはこちら