肌トラブル

ニキビがある肌への対応

フレイアクリニックでは、肌にニキビやニキビ跡がある場合、医師による診察のもとレーザーの照射可否を判断いたします。
なお、照射可能な場合でもレーザーの刺激によってニキビが悪化するおそれはあります。フレイアクリニックではあらかじめリスクを患者様にお伝えし、ご理解いただいたうえでレーザーを照射しています。

ニキビがある部位へのレーザー照射可否

当院の医師がニキビの診察を行い、レーザー照射が可能と判断した場合に、ニキビがある部位への照射ができます。

強い炎症を起こしているニキビや、化膿しているニキビ、大きなニキビ、つぶれて皮膚が剝けているニキビがある部位に関しては、医師の判断のもと患部を避けてレーザーを照射いたします。

だたし、広範囲にわたって照射不可のニキビがある部位の場合は、患部周辺にかかわらずレーザー照射ができないこともあります。

ニキビがあって照射できるかどうか心配な方は、無料カウンセリングにて医師にご相談ください。

ニキビ治療中の患者様へのフレイアクリニックの対応

ニキビの治療で内服薬や外用薬を使用している方は、無料カウンセリングや診察の際にご申告ください。薬や治療内容によっては、予約日程を調整したり、薬の休止期間を設けたりする必要があるからです。

皮膚科などで処方されている薬がある場合は、お薬手帳などの内容がわかるものをご持参いただくようお願いいたします。

ニキビ跡がある肌への対応

フレイアクリニックでは蓄熱式のレーザー機器を採用しているため、ニキビ跡が色素沈着している場合でも、レーザーを照射できる場合があります。蓄熱式は弱いレーザー出力で皮膚の浅い部分にじわじわと熱をためる照射方式となっており、色素沈着のメラニン色素に反応しづらく火傷などのリスク軽減が見込めるためです。

照射可能かどうかは診察のうえで医師が判断するため、ご心配な方は無料カウンセリングにて医師にご相談ください。

ニキビがある肌へのレーザー照射のリスク

ニキビが悪化する可能性がある

医師が照射可能と判断した患者様であっても、レーザー照射の刺激が肌への負担となりニキビの症状が悪化する可能性があります。
フレイアクリニックでは事前にリスクを患者様にお伝えし、ご納得いただいたうえでレーザーを照射します。なお、ニキビ治療を行うなどして、症状ができるだけ落ち着いてからご来院いただくようにもお伝えしています。

万が一、レーザー照射後にニキビが悪化した場合、通院中のクリニックにご連絡ください。追加費用なしで医師が診察や処置、薬の処方を行います。

毛嚢炎ができる可能性がある

レーザー照射後には毛嚢炎(もうのうえん)という、ニキビとよく似た症状が生じる可能性もあります。
毛嚢炎は、雑菌が毛穴(毛穴内部で毛根を包んでいる組織)に入りこんで起きる症状で、毛穴やその周辺が赤みを帯びたり、かゆみや痛みを伴ったりすることがあります。

レーザー照射後は、照射で発生した熱で肌を保護するバリア機能がダメージを受けて肌の免疫力が低下するので、毛穴に雑菌が入り込みやすくなります。毛嚢炎の予防のためにもレーザー照射後の肌はできるかぎり清潔に保ちましょう。

なお、毛嚢炎は色素沈着のリスクにつながるので、症状が出た場合は、通院中のレイアクリニックへ早めにご連絡ください。

ニキビの症状が悪化したときの予約変更やキャンセルについて

フレイアクリニックへの通院を予定しているタイミングで、ニキビの状態が悪化して広範囲に化膿や強い炎症が出た場合は、予約日の変更やキャンセルをご検討ください。

患部とその付近だけではなく、ご契約部位全体の照射自体ができない可能性があるためです。予約日から2営業日前の20時までにクリニックに連絡を頂ければ、予約日の変更やキャンセルを無料で承ることができます。

変更期限を過ぎても1回のみ予約変更やキャンセルが可能

上記期限を過ぎてもコース契約中1回に限り、無料で予約日変更やキャンセルができます。変更期限を過ぎた2回目以降のご連絡の場合は、ご契約回数1回分が消化扱いとなるためご注意ください。

ニキビが悪化して照射可能かどうか心配な患者様は事前に医師にご相談いただけますので、通院中のクリニックにご連絡ください。

無料カウンセリングはこちら

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。