無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛ニキビ
医療脱毛と肌トラブル

ニキビがあっても医療レーザー脱毛できる?フレイアクリニックの対応

脱毛したい部位にニキビがある場合でも、炎症などが起きておらず施術が可能であると医師が判断した場合、レーザーの照射は可能です。
しかし、ニキビが化膿していたり腫れていたりする場合、患部にはレーザーを照射することができません。

フレイアクリニックでは、医師の判断にもとづきニキビがある肌への照射可否を判断しています。
なお、照射の刺激によりニキビが悪化するリスクがあるため、当クリニックではあらかじめリスクを患者さまにお伝えし、ご理解いただいてから施術を行っています。

ニキビの症状が軽度であれば施術可能

フレイアクリニックでは、ニキビの症状が軽く医師が施術可能であると判断した場合、レーザー照射が可能です。
また、ニキビ跡の色素沈着がある場合、肌色にあわせてレーザーの出力を調整して施術に対応しています。

ただし、レーザー照射の刺激によってニキビが悪化する可能性もあるため、あらかじめ皮膚科などで診察を受け、症状が落ち着いてから医療脱毛施術を受けていただくことが望ましいです。

炎症を起こしたニキビは照射不可

なお、当クリニックでは、化膿・強い炎症・大きなニキビ・つぶれて皮膚が剥けているニキビやその患部周辺にはレーザーを照射しません。

施術を希望する部位に広範囲にわたって化膿や強く炎症しているニキビがある場合、患部周辺に関わらず施術ができないこともあります。
施術の可否は当クリニックの医師が判断いたしますので、ニキビや肌荒れが気になる方はカウンセリングや診察の際にご相談ください。

ニキビ治療中のフレイアクリニックでの施術対応

ニキビの治療で内服薬や外用薬を使用している方は、カウンセリングや診察の際に医師にご申告ください。
医薬品、治療法の種類によって医療レーザー脱毛の施術対応が異なる場合があるためです。

皮膚科などで処方されている薬がある場合は、お薬手帳などの内容がわかるものをご持参いただくとようお願いいたします。

ニキビ治療の内容によっては脱毛施術の実施日を調整したり、医薬品の休止期間を設けたりする必要があります。
当クリニックの医師と患者さまとの相談のうえ、状況に適した対応をおこないます。

また、施術の予約をしているなかでニキビの状態が悪化し、化膿や炎症が広範囲に出た場合、ご予約日の前々日の20時までにクリニックにご連絡を頂ければ、予約日の変更やキャンセルを無料で承ることができます。

期限を過ぎてもコース契約中1回に限り無料でキャンセルや予約日変更を承ることも可能です。
変更期限を過ぎた2回目以降のご連絡の場合は、施術1回分が消化扱いとなるためご注意ください。

ニキビがある肌へのレーザー照射のリスク

ニキビが悪化する可能性あり

医療レーザー脱毛の施術が肌への負担となってニキビの症状が悪化する可能性があります。
フレイアクリニックでは事前に症状悪化のリスクを患者さまにご納得いただいたうえで施術をおこないます。

万が一、レーザー照射後にニキビが悪化するなどの肌トラブルが起きた場合、施術を受けたクリニックにご連絡ください。当クリニックでは医師の診察や処方に無料で対応いたします。

毛嚢炎ができる可能性がある

脱毛施術後にニキビとよく似た「毛嚢炎(もうのうえん)」が生じる可能性もあります。
毛嚢炎は毛穴の内部で毛根を包んでいる組織(毛包または毛嚢)に炎症が起きる症状です。
肌の傷から細菌が侵入することで生じ、かゆみや痛みを伴うこともあります。毛嚢炎の予防のためにも施術後の肌はできるかぎり清潔に保ちましょう。

なお、毛嚢炎は色素沈着のリスクにつながるので、症状が出た場合、施術を受けたフレイアクリニック各院に早めにご連絡ください。

無料カウンセリングはこちら