無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛の注意事項

埋没毛は医療脱毛で予防と改善を!原因や自己処理の注意点とは

脇やひざ、Vラインに黒いポツポツとした毛穴ができていることがあります。
それは「埋没毛」と呼ばれる皮膚の下で成長してしまった毛です。

原因のほとんどは、自己処理をしすぎて皮膚がダメージを受けてしまったことだといわれています。
医療脱毛で自己処理による肌負担が軽減すると、できてしまった埋没毛のケアや予防につながります。

埋没毛とは

埋没毛(まいぼつもう)は「埋もれ毛」とも呼ばれ、皮膚の内側で埋もれたまま成長している毛のことをいいます。
皮膚の下でクルクルと丸まっていたり、黒いブツブツになっていたりする状態です。

埋没毛のできやすい場所

埋没毛は、毛の生えている部位なら全身どこにでもできる可能性があります。
特に頻繁に自己処理をしている部位や、太くて濃い毛が生えている部位、毛の生えている方向がばらばらな部位にできやすい傾向があります。
具体的には、ワキやひざ下、Vライン、眉毛、腕などです。

埋没毛のリスク

埋没毛は、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行われると、自然と皮膚の表面に押し出されます。
しかし、ターンオーバーが乱れ、皮膚の中に埋没した毛が排出できないと、毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こす可能性があります。

毛嚢炎は、毛穴の奥にある毛根を包む毛嚢(毛包)が炎症を起こした状態です。
毛嚢炎は放っておくと色素沈着を起こし、黒ずみの原因にもなるので、強い痛みやかゆみがある場合は、皮膚科に相談しましょう。

埋没毛の原因

埋没毛は、自己処理によって皮膚が傷つき、乾燥や肌荒れが起きてターンオーバーが乱れることが原因のひとつと言われています。
特にカミソリによる剃毛や毛抜きや脱毛ワックスで毛を引き抜く方法は埋没毛を引き起こしやすいので、自己処理で利用しないようにしましょう。

肌の表面を削ってしまうカミソリによる剃毛

気軽に毛を処理できるカミソリですが、剃毛のときに刃が直接肌に当たるので、毛だけではなく皮膚の表面も削ってしまうので肌が傷ついてしまいます。
カミソリによるシェービングで目に見えない小さな傷がついた肌の状態が続くと、ターンオーバーが乱れ、角質層が厚くなるので、毛穴が塞がれて埋没毛ができてしまうのです。

毛穴にダメージを与える毛抜きや脱毛ワックスによる自己処理

毛抜きやピンセットで毛を無理やり抜いてしまうと、毛根を傷つけてしまい、ターンオーバーが正常に行われず毛穴が塞がれて毛が埋もれてしまいます。
また、ワックスを肌に塗布し、乾いたところで一気にはがして毛を処理する脱毛ワックスも毛抜き同様、皮膚や毛穴にダメージを与えるので埋没毛を引き起こす可能性があります。

VIO(デリケートゾーン)を処理する「ブラジリアンワックス」は手軽な脱毛方法として人気ですが、リスクを理解して利用する必要があります。

自己処理をするなら電気シェーバーを使用する

カミソリや毛抜き、脱毛ワックスによる自己処理は肌を傷つけてしまうため、埋没毛ができやすくなります。
しかし、それでも自己処理をしたい場合は、肌を傷つけにくい電気シェーバーを使って毛を剃るようにしましょう。

電気シェーバーなら肌の表面や毛穴を傷つけることが少ないため、肌への負担が少なくなります。

医療脱毛なら埋没毛を改善できる

医療脱毛では、できてしまった埋没毛をケアしながら施術ができます。
さらに施術によって、自己処理の回数が減ると埋没毛の予防につながります。

医療レーザー脱毛と埋没毛の関係

医療脱毛は、レーザーが毛の黒い色素(メラニン色素)に反応する仕組みのため、皮膚の下にある埋没毛の毛根にも熱が届き、毛母細胞や毛乳頭、バルジ領域などの発毛組織を破壊できます。

ただし、脱毛後すぐに埋没毛が解消できるわけではありません。
埋没毛は、皮膚越しにレーザーを照射するので、肌の表面に出ている毛に比べて、脱毛効果が出にくいと言えます。
施術を繰り返すうちに発毛組織が破壊され、皮膚が生まれ変わると埋没毛が抜け落ちます。

また、レーザーで細胞を破壊した毛穴から毛が生えることはほぼないので、自己処理による肌への負担が減り、埋没毛の予防につながります。

フレイアクリニックでは、患者さまに保湿ケアを指導しながら施術を行っていきます。
ただし、すでにある埋没毛が毛穴で炎症を起こしている場合は施術できない可能性があるため、カウンセリングで医師にご相談ください。

医療脱毛とエステ脱毛の埋没毛へのアプローチの違い

エステサロンなどの光脱毛も施術できますが、埋没毛を避けて光を照射したり、埋没毛があると施術ができなかったりするケースもあるようです。
医師の指導のもとで脱毛する医療レーザー脱毛とは異なり、エステサロンなどでは炎症などの肌トラブルが起きたときに対処ができないためです。

また、光脱毛は医療レーザー脱毛に比べ、照射出力が低く発毛組織を破壊することはできません。
発毛組織を破壊して、埋没毛を防ぎたい方には医療脱毛が向いていると言えます。

自分でできる埋没毛の対処方法・予防対策

埋没毛の予防には、肌が正常にターンオーバーを行える状態をつくる必要があります。
ターンオーバーの乱れにつながる乾燥や肌荒れを避けるため、十分な保湿を心がけてください。

化粧水やクリーム、尿素配合クリームなどでスキンケアを行いましょう。
特に尿素配合クリームは、クリームに含まれている尿素が水分を保持し肌の乾燥を防ぐとともに、硬くなった角質層を柔らかくして肌のターンオーバーを助ける働きもあるので、埋没毛の予防につながると言えます。

また、スクラブやピーリング剤で肌をなめらかにするお手入れも埋没毛の予防が期待できます。
スクラブの細かな粒子で角質を除去したり、ピーリングで肌の汚れをふき取ったりすることで肌のターンオーバーをサポートできます。
ただし、スクラブやピーリングは頻繁におこなうと肌を傷めてしまうため週に1~2回など、間をおくようにしましょう。