無料カウンセリング予約
医療脱毛と肌トラブル

脱毛施術前後の入浴が肌トラブルの原因になる理由とは

フレイアクリニックでは、患者さまに医療レーザー脱毛施術の前後およそ12時間は、湯船につかる入浴、岩盤浴・サウナの利用をしないようにお願いしています。

施術前後に体温上昇が上昇すると、レーザー照射によって肌に赤みやかゆみが生じる可能性があるためです。
また、レーザー照射後の毛穴に雑菌が入ると炎症を引き起こすリスクもあります。施術前後の身体は、ぬるめのお湯のシャワーで優しく洗い流しましょう。

施術前後の入浴やサウナは赤みやかゆみの原因になる

医療レーザーは、毛のメラニン色素に反応して熱を発する仕組みです。
施術直後の肌は、レーザー照射で生じた熱が皮膚内部にこもった状態のため、入浴などで体温が上昇すると、皮膚内にこもった熱がうまく放出されず、赤みやかゆみなどが発生する可能性があります。

さらに脱毛施術直後は皮膚を保護する「バリア機能」が低下し、湯船につかることによって浴槽の雑菌が毛穴から侵入して炎症を起こすおそれもあります。
そのため、施術前や肌が特に刺激を受けやすくなる施術後は、入浴やサウナの利用は避ける必要があるのです。

入浴のほか、体温の上昇や血行を促進する激しい運動や飲酒も厳禁です。
施術によって肌トラブルが起きるリスクが伴ううえ、肌の状態や健康状態によって施術自体ができなくなる場合もあります。

また、医療レーザーの照射部位にかかわらず、施術前後に湯船にはつからないでください。
たとえば、顔だけレーザーを照射したとしても、入浴による体温上昇で、顔に赤みやかゆみが出ることもあります。

脱毛施術後のシャワーで気をつけること

医療レーザー脱毛の施術前後に身体を洗ったり、汗を流したりする場合は、体温を上昇させにくいシャワーを利用しましょう。
熱すぎない温度に設定し、肌を強く摩擦しないようにやさしく洗い流すことが皮膚を刺激しにくいポイントです。

また、施術後の皮膚はバリア機能の低下で乾燥しやすい状態でもあるため、ボディソープなどで身体を洗った後は、化粧水や乳液、ボディローション、クリームを塗って十分な保湿を心がけてください。

シャワー後の肌に赤みやかゆみが出たときの対処法

患者さまの施術後の肌状態によっては、ぬるめのお湯でシャワーを浴びても、赤みやかゆみが生じることもあります。
その場合、流水や冷たいタオルで肌を冷やしたり、保湿して乾燥を防いだりして肌のほてりをしずめましょう。

また、フレイアクリニックでは、脱毛施術から12時間程度が経過後は入浴可能としていますが、肌にほてりが残っていたり赤みが出ていたりする場合の入浴は避けてください。
また、ボディスクラブや目の粗い素材のボディタオルは、肌への刺激が強いため使用しないようにしましょう。

医療レーザー脱毛を受ける前に知っておくべき施術のリスクと副作用

無料カウンセリングはこちら