無料カウンセリング予約
医療脱毛と肌トラブル

毛抜きによる自己処理が脱毛施術に与える影響と肌トラブルのリスク

医療レーザー脱毛やニードル脱毛、光脱毛の施術前の毛抜きによる自己処理は厳禁です。

毛根から毛を引き抜くと、施術の効果が得られなくなったり、肌トラブルを引き起こして施術を受けられなくなったりする可能性があるからです。
脱毛施術する前のお手入れは、肌にダメージを与えにくい電気シェーバーを使いましょう。

脱毛施術前の毛抜きが厳禁な理由

毛がないとレーザーや光が反応しなくなる

医療レーザー脱毛は、レーザーが毛の色素(メラニン色素)に反応して熱を発します。
この熱は、毛を伝って毛穴の奥にある発毛組織を破壊します。

施術前に毛抜きや除毛テープ、ワックスで毛を引き抜いてしまうと、レーザーのターゲットとなるメラニン色素がなくなり、熱が発生せず発毛組織を破壊できなくなってしまいます。
そのため、医療レーザー脱毛施術前は、毛抜きなどで手入れはせず、電気シェーバーでの剃毛にとどめる必要があるのです。

クリニックの医療レーザー脱毛だけでなく、エステサロンや脱毛サロンの光脱毛もメラニンに反応する光を照射して施術を行うため、毛抜きで自己処理をすると施術効果を得にくくなってしまいます。

毛が伸びていないとニードル脱毛の針をさせない

クリニックのニードル脱毛は、毛穴に針を差し込み、電流を流して発毛組織を破壊します。
このとき、数ミリ伸びた毛をピンセットなどで毛の流れに沿って針を毛穴に挿します。つまり、毛がなければ施術を行えない状態になってしまうのです。

なお、フレイアクリニックではニードル脱毛は取り扱っておりません。

毛周期の変化によって施術ペースが乱れる

体毛は、一定の周期で発毛細胞が活発に活動する「成長期」、毛の成長が止まって毛根から抜け落ちる「退行期」「休止期」のサイクル(毛周期)を繰り返しています。
毛を無理やり引き抜くと、毛周期が乱れます。

脱毛施術はいずれも、毛根が皮膚内の発毛組織にくっついている成長期に効果があるといわれています。
ただ、毛の成長期を正確に見極めることはできないため、クリニックやサロンでは、部位や毛穴ごとに異なる毛周期の平均的な期間を踏まえ、施術ペースを提案しています。

脱毛期間中に毛を引き抜き、毛周期が乱れると施術間隔を調整する必要が出てきます。
また、施術ペースを変えず、毛周期が乱れた状態で施術を受けると、十分な効果が得られなくなってしまうのです。

肌トラブルが施術に影響を与える可能性がある

毛抜きで毛を抜いてしまうと毛穴や毛穴付近の肌を傷つけてしまい、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛といった肌トラブルを引き起こす原因となります。
肌トラブルがあると、患部を避けて施術する必要が生じる、または施術効果が得にくくなる可能性があります。

毛穴や周辺に雑菌が入って炎症が起きる毛嚢炎は、レーザー照射などによって火傷したり、症状が悪化したりするため、患部は施術できません。
またニードル脱毛の針も炎症を起こしている毛穴には挿入できません。

また、皮膚の下で毛が伸びる埋没毛がある肌は、医療レーザー脱毛施術が可能ですが、皮膚に毛が覆われている分、レーザーがメラニンに反応しにくくなり、施術効果が得にくくなります。

自己処理は電気シェーバーで肌の負担を軽減しよう

肌トラブルや自己処理による肌トラブル、脱毛施術への影響を避けるため、肌への負担が少ない方法で行いましょう。

フレイアクリニックでは、患者さまに電気シェーバーの使用をお願いしています。
電気シェーバーなら毛穴自体への負担が少なく、さらに刃が直接肌に触れにくいので、角質をそぎ落として肌のバリア機能を低下させる可能性も低いと言えます。

また、毛抜きだけでなく、カミソリや除毛クリームによる自己処理は、肌の角質を削ったり、成分が肌表面を刺激したりして、乾燥肌などの肌荒れを引き起こす可能性があるので、自己処理では使用しないでください。

脱毛施術前に毛抜きで自己処理してしまったら予約変更も検討を

脱毛施術前に毛抜きで自己処理してしまった場合、クリニックやサロンに連絡しましょう。
施術部位の大部分を毛抜きでお手入れしたのなら、次回施術の予約日を変更する必要もあります。

なお、フレイアクリニックでは、施術予定日の2営業日前20時までは予約を変更できます。
また、変更期限を過ぎてしまっても契約期間中1回に限り無料で予約のキャンセルや予定日程の変更が可能です。2回目以降の期限を過ぎた場合の予約変更は、施術1回消化扱いとなります。

無料カウンセリングはこちら