無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

永久脱毛とは
医療脱毛の仕組み

永久脱毛の考え方と医療脱毛の施術方法

永久脱毛は、施術するとすべての毛が永久に生えてこないという意味ではありません。
発毛組織を破壊した毛穴が長期にわたって再発毛しない状態が続くことを指しています。

永久脱毛の定義

永久脱毛は、日本では明確な定義されていません。
ただ、日本の厚生労働省にあたる米国のFDA(アメリカ食品医薬品局)では、「一定の施術をおこなった毛の再生本数が長期間において減少し、維持されること」としています。
そして、米国電気脱毛協会では「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下の状態」と定義されています。

また、FDAでは、永久脱毛の定義に当てはまる施術として、毛穴の発毛組織を破壊できるニードル脱毛を挙げています。

発毛組織を破壊する医療脱毛の仕組み

クリニックで行う医療脱毛には、ニードル脱毛のほか、発毛組織が破壊できる方法として医療レーザー脱毛の大きく2つの方法があります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴ひとつひとつに絶縁針を挿しこみ、微弱な電流を流して毛根にある発毛組織(毛乳頭や毛母細胞)を破壊します。
絶縁針は、先端以外にコーティングが施されているため、電流を流す際、肌表面に電流が触れることなく毛根部にダメージを与えられます。

なお、フレイアクリニックではニードル脱毛の施術は取り扱っていません。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、レーザーが毛の黒いメラニン色素に反応して熱を発することによって発毛組織を破壊する仕組みです。

なお、医療レーザー脱毛には、毛を生成する毛乳頭と毛母細胞を破壊する熱破壊式、毛の生成を促すバルジ領域を中心に発毛組織を破壊する蓄熱式の2つの施術方法があります。

フレイアクリニックでは蓄熱式脱毛機を使用し、発毛を促す指令塔であるバルジ領域を破壊して施術効果を得ています。
低出力のレーザーを連続的に照射し、じわじわ熱を加えて発毛組織にアプローチします。そのため、施術時の痛みを感じにくくなっています。

ニードル脱毛と医療レーザー脱毛の選び方

ニードル脱毛と医療レーザー脱毛の施術は1回で発毛組織を破壊できる範囲が限られるため、いずれも複数回にわたって施術を受ける必要があります。
希望する照射範囲や毛質に合わせて脱毛方法を選択すると効率的に施術が受けられます。

ニードル脱毛は、肌の色や毛の質にかかわらず施術できる反面、広範囲を脱毛するには時間がかかり、強い痛みを伴います。
一方の医療レーザー脱毛は、広範囲にレーザーを照射できるため、短時間での施術が可能です。

ただし、メラニン色素を含まない白髪は照射しても発毛組織を破壊できず、脱毛機の種類によっては色素を多く含む濃い褐色肌や色素沈着がある部分は照射できないことがあります。

そのため、希望の施術箇所が広範囲にわたる場合は医療レーザー、白髪や眉毛などのレーザー照射ができない箇所にはニードル脱毛など、施術の使い分けを検討してみてください。

脱毛施術後に再び毛が生える可能性

ニードル脱毛や医療レーザー脱毛で発毛組織を破壊した毛穴からは、毛が再度生えてくることはほとんどありませんが、ホルモンバランスの変化によって再び毛が生える可能性はあります。

妊娠や出産によって、ホルモンバランスが急激に変化すると、発毛組織が活性化して脱毛施術後でも再び毛が生えてくることがあります。
ただ、毛が生えてくるのは一時的なものなので、ホルモンバランスが元に戻ると毛は抜け落ちていくことがほとんどです。

美容脱毛や家庭用美容器は発毛組織を破壊できない

エステサロンや脱毛サロンでの光脱毛施術は、医療行為に該当する発毛組織の破壊はできません。
そのため、サロンの施術は抑毛を目的とした照射出力にとどまります。
家庭用光美容器も発毛組織を破壊するほど出力を上げられないため、サロンの美容脱毛と同じく発毛細胞を破壊できません。

無料カウンセリングはこちら