無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

産毛脱毛
医療脱毛の仕組み

産毛への医療レーザー脱毛の効果と蓄熱式脱毛による対応

色素が薄い産毛は、太くて濃い毛に比べると、医療レーザー脱毛による施術効果が得にくいといわれています。
しかし、医療レーザーは、繰り返し照射することで産毛でも発毛組織の破壊が可能です。
またフレイアクリニックでは、産毛にも反応しやすい蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機で施術を行っています。

ただし、産毛が生えている毛穴や部位は、施術後に毛が濃くなったり、太くなったりする硬毛化や増毛化が起きることもあるので、リスクを把握して施術を受けるか判断しましょう。

産毛は施術効果を得にくい? レーザーの出力調整がカギ

医療脱毛の施術に使用するレーザーは、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して発毛組織を破壊する熱を発します。
産毛にも反応しますが、メラニン色素の量が少ないため、太く濃い毛の照射時と同等の出力でレーザーを照射すると、発毛組織を破壊できない可能性があるのです。

そこで産毛が生えている毛穴の発毛組織を破壊するには、レーザー出力を上げることになります。
しかし、出力を上げると、肌の色によっては皮膚表面のメラニン色素にレーザーが反応して火傷する可能性があります。

肌トラブルのリスクを避けて施術を行うには、産毛の毛質と肌色にあわせた細かな出力設定が必要なのです。

蓄熱式ダイオードレーザーによる産毛の医療脱毛施術

フレイアクリニックの施術では、全院において蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機を導入して産毛の施術に対応しています。
蓄熱式脱毛機は、低出力のレーザーを肌に照射して、じわじわと熱を与えて、発毛組織であるバルジ領域を破壊していきます。

高出力のレーザーを照射して瞬間的に熱を発生させる熱破壊式脱毛機と異なり、低い出力設定での施術のため、産毛の照射時も火傷のリスクを抑えながら施術ができます。

産毛を処理するために必要な施術回数の目安と期間

産毛の多い顔や背中、おしり、二の腕、うなじ、手の甲、指などの部位について、フレイアクリニックでは患者さまに満足いただける施術回数を5~8回に設定しています。
なお、毛量などの個人差があるため、追加で施術が必要になる場合もあります。

部位別のプラン詳細はこちら

産毛の医療レーザー脱毛の硬毛化や増毛化のリスク

産毛が生えている部位は、医療レーザー施術後に毛が太く硬くなる「硬毛化」や毛の量が増える「増毛化」が起きることがあります。
原因は解明されていませんが、産毛はメラニン色素が少ないため、発毛組織を破壊できるほどレーザーが反応せず、レーザー照射が刺激になって発毛組織働きが活性化してしまうことで起こるといわれています。

硬毛化は、繰り返し施術を受けることで改善していく可能性があります。
蓄熱式脱毛機では硬毛化のリスクは低いといわれていますが、照射後に濃く太い毛が生えてきた場合、施術を受けたフレイアクリニック各院にご連絡ください。
次回照射時に出力を上げるなどの対応をいたします。なお、脱毛コースが完了している方は、追加で契約が必要です。

無料カウンセリングはこちら