脱毛の仕組み

白髪が生えた部位の脱毛方法とお手入れのポイント

加齢やストレスによってVIOライン(デリケートゾーン)などに白髪が生えてきた場合は、ニードル脱毛(医療針脱毛)で処理できます。

なお、白い毛に加え、多数生えている黒い毛を処理したいときは、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛を併用すると施術を効率的に進められます。

フレイアクリニックではニードル脱毛の取り扱いはありません。

白髪の状態

黒色や茶色の毛は、毛根の最深部にある色素細胞(メラノサイト)でつくられたメラニン色素を含みます。白髪は、このメラニン色素を含まない毛の状態です。
加齢やストレス、遺伝、栄養不足などの原因により、メラノサイトの機能が低下したり減少したりすると、毛のメラニン色素が作られにくくなり、白髪が発生します。

ニードル脱毛なら白髪の施術に対応

ニードル脱毛は毛穴に針を挿しこみ、電気を流して発毛組織を破壊する施術方法です。電気は毛を伝って発毛組織に届くので、毛のメラニン色素の含有量によって施術の可否が左右されないため、白髪の発毛組織の破壊も可能です。

レーザーは白髪に反応しない

医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応して熱を発し、その熱で発毛組織を破壊する施術です。

レーザーを照射してもメラニン色素を含まない白い毛は反応せず、熱が発生しないため、発毛組織を破壊できないのです。

なお、白い毛を黒く染めてもレーザー照射によって発毛組織を破壊することはできません。毛を黒く染めても体表面に見えている部分しか染まらず、レーザーがターゲットにしている毛根付近の毛までは黒くならないためです。

さらに、医療レーザー脱毛施術前は自己処理が必要なので、毛を染めた部分も施術前に剃毛することになります。

ニードル脱毛を受ける際の注意点

ニードル脱毛の施術では毛穴に針を直接挿しこむ際に強い痛みが生じることがあります。

白髪を気にして毛の処理を希望する方が多いVIOライン(デリケートゾーン)などは、皮膚が柔らかく、毛質が太くて濃いので痛みを感じやすい部位です。

痛みが不安な方は、施術を受けるクリニックで麻酔の処方などの対応を確認しましょう。

また、ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつに針を挿して処理していくので、脱毛したい毛の本数が多いと、施術に時間がかかります。

クリニックによって異なりますが、1回の施術時間の目安である1~2時間で処理できる毛の本数は600~1,000本程度です。

全身の毛穴は約500万個あると言われ、顔だけでもおよそ20万個といわれています。身体の一部位だけをニードル脱毛で施術を受けるとしても、施術回数や施術期間がかさむ可能性があります。

なお、施術時は毛をピンセットでつまみ、毛の角度や毛穴の方向を確認してから針を挿しこみます。施術当日は毛を3~5mmほど伸ばした状態にしておく必要があるので、施術前は自己処理を控えなければいけません。

白髪と黒い毛がある部位は医療レーザー脱毛を併用

脱毛施術を希望する部位に生える毛の中に白髪が少し混ざっている場合は、医療レーザー脱毛とニードル脱毛を併用すると効率的に施術がすすむケースもあります。

たとえば、VラインやIラインなどに数本だけ白髪がある場合は、黒い毛を処理するため、部位全体にレーザーを照射します。その後、レーザーが反応しなかった白い毛をニードル脱毛で処理する流れです。

医療レーザー脱毛の機械は1回の照射面積が広いため、ニードルで毛を1本ずつ処理するよりも施術時間が短縮されます。

フレイアクリニックの施術で使用している蓄熱式脱毛機の場合は、レーザーの照射口面積は1.4㎠〜2㎠程度のため、VIO脱毛施術1回にかかる時間は30分程度です。

その後、レーザー照射で反応しない白い毛数本をニードル脱毛で処理すると、施術時間の短縮につながります。

なお、ニードル脱毛は毛を3~5mmほど伸ばした状態で受ける必要があるので、施術前の剃毛が必要な医療レーザー脱毛と併用する場合は、予約タイミングが重ならないように注意しましょう。

フレイアクリニックではニードル脱毛のお取り扱いはございませんが、医療レーザー脱毛と並行してニードル脱毛の施術を希望される方の施術スケジュールなどの相談は受け付けております。

詳しくは無料カウンセリングで医師やスタッフにお問い合わせください。