リスクについて

火傷リスクと火傷防止に向けた取り組み

レーザーや光を照射した場合、レーザーや光が黒い色素(メラニン色素)に反応し熱が発生するため、皮膚に火傷が生じるリスクがあります。

火傷のリスク軽減には、肌状態に合わせた脱毛機選びや出力調整などが必要です。

フレイアクリニックでは患者様の肌状態を確認し、レーザー照射の出力を設定するなど細心の注意を払っておりますが、火傷が起こった場合は、医師による診察や処置・処方を追加費用なしで行います。

レーザーに火傷のリスクが伴う理由

発毛組織を破壊する、もしくはダメージを与えるためにレーザー照射や光の照射を行い、肌に照射したレーザーや光がメラニン色素に反応して熱を発生する仕組みです。

そのため、レーザーや光の照射後は毛根周辺の皮膚に熱がこもりやすくなり、皮膚や粘膜が損傷を受けて火傷につながることがあります。

照射出力を下げれば、火傷のリスクは下がります。しかし、出力を下げると発毛組織に熱が届きにくくなり、効果を得にくくなることがあります。

効果を得るためには、レーザーや光の出力を上げる必要があるので、レーザー照射や光の照射には火傷のリスクが伴うのです。

照射による火傷の特徴

レーザー照射後の肌には、赤みやかゆみ、ひりつきなどの症状が一時的に出ることがあります。

患部を冷やしたり、クリームで保湿したりすると治まることが多いですが、症状が数日続いたり、悪化して水ぶくれになったりした場合、レーザー照射が原因で火傷が生じた可能性があります。

火傷の可能性がある場合の対応

照射後の肌の赤みやひりつきが治まらないときや水ぶくれが生じたときは、クリニックに連絡し、医師の診察や治療を受けましょう。

なお、医師が常駐していないエステサロンで光の照射を受けた場合、皮膚科などの医療機関へ相談してください。患部をそのままにしたり、自己判断で市販薬を塗布したりすると、症状の悪化や火傷跡が残るおそれがあります。

また、かゆみや水ぶくれといった症状が出た場合に、患部をかく、触るなどの摩擦が加わると、皮膚を保護するためにメラニン色素が過剰に生成されて色素沈着になるケースがあります。

跡が残ることもあるため、患部にはなるべく触らず、医師の診察にもとづく処置を受けてください。

照射で火傷しやすい肌の特徴とスキンケア方法

日焼けした褐色肌や黒褐色の肌

日焼けした褐色肌や黒褐色の肌だと、レーザー照射や光の照射で火傷をするリスクが高くなります。
褐色の肌はメラニン色素を多く含むため、レーザーや光を照射した際に毛だけでなく、皮膚表面のメラニンに反応して熱を発する可能性があるからです。

脱毛機によっては、肌の色素が濃すぎると出力を下げる必要があるので発毛組織に熱が届かず、効果が出にくくなる可能性があります。
そのため、プラン契約期間中は日傘をさす、日焼け止めクリームを塗る、長袖の洋服を着るなどの紫外線対策を行ってください。

なお、褐色肌や黒褐色の肌に対応した脱毛機もあるため、事前にクリニックなどに確認しましょう。

もともとメラニン色素が濃いほくろや乳輪、色素沈着が起きているデリケートゾーン(VIO)、タトゥーがある場所なども火傷のリスクがあります。
クリニックやサロンによって照射できない場合があるので、契約前のカウンセリングや診察などで照射の可否を確認してください。

乾燥状態の肌

肌表面のきめが粗く、水分が蒸発しやすくなっている乾燥肌は、外部の刺激から肌を守る「バリア機能」が低下している状態です。

バリア機能が低下している敏感な肌は、レーザー照射時に痛みを感じやすかったり、火傷しやすくなったりするリスクがあります。

日ごろから、顔や腕、脚など手が届く部位だけでなく、直接目に見えない背中なども保湿し、肌の乾燥を防ぎましょう

顔は化粧水と美容液を塗った後に保湿力が高いクリームで整えることがポイントです。

背中などの手が届きにくい部位は、伸びのいいジェルやローションを使うとお手入れしやすいです。

デリケートなVIOゾーンには肌に刺激を与えにくいアルコールフリーの保湿ローションなどを用いて肌にうるおいを与えてください。

光過敏症/日光アレルギー

光線によって皮膚の赤みや水ぶくれなどの皮膚症状が起こってしまう光過敏症や光アレルギーの方もレーザーや光による火傷のリスクがあります。

事前のカウンセリングでご相談ください。医師が診察のうえ、レーザーの照射を判断します。症状によっては対応できないため事前にご確認ください。

フレイアクリニックの火傷防止に向けた取り組み

肌質や肌状態に配慮した対応

レーザー照射による火傷を予防するには、患者様の肌に合わせた出力調整、その出力を見極める技術が必要であるため、フレイアクリニックでは全スタッフが日々知識や技術の向上に努めています

また、当クリニックでは、医師や看護師、カウンセラーによる事前カウンセリングで患者様一人ひとりの肌質や肌状態を確認して、脱毛機の選定や照射出力の設定を行っています。

さらにレーザー照射前にも看護師による患者様の肌の調子や健康状態のヒアリング、脱毛機の出力設定の確認を行っています。

照射前のスキンケアや剃毛方法をアドバイスするなど、患者様が気軽に悩みを相談できる環境づくりに努めることで、リスクを軽減するようにしています。

蓄熱式脱毛機の使用

フレイアクリニックで導入している蓄熱式脱毛機は、低い出力のレーザーを繰り返し肌に照射します。さらに、冷却装置で肌を冷やしながらレーザーを照射するので、火傷のリスクが低いといわれています。

また、蓄熱式脱毛機は皮膚表面のメラニン色素にレーザーが反応しにくいので、褐色肌や黒褐色肌、色素沈着が起きている肌でも施術可能な場合があります。

火傷が起きた場合は無料で診察や処方に対応

フレイアクリニックは細心の注意を払ってレーザー照射を行っていますが、照射後に火傷の症状があらわれることもあります。

レーザー照射が原因で肌トラブルが起きた場合、医師の診察や処置・処方は無料で対応しています。

また、次回照射のときに火傷跡が残っている場合、レーザーを照射できないことがあります。火傷の治療が終わり、色素沈着を内服薬などで治療したのちにレーザー照射の再開が可能です。

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。