無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛のリスク

脱毛による火傷リスクとフレイアクリニックの対応

クリニックの医療レーザー脱毛やエステサロンの光脱毛では、まれに施術によって皮膚に火傷が生じるリスクがあります。
これは、レーザーや光が毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して熱を発するためです。
火傷のリスクを減らすには、肌状態を見極めた脱毛機選びや出力調整などが必要です。

フレイアクリニックでは患者さまの肌状態を確認し、レーザー照射の出力を設定するなど、施術に細心の注意を払っております。
また万が一、火傷が起こった場合は、医師による診察や処置・処方を無料で行います。

脱毛施術で火傷するリスクが伴う理由

クリニックでの医療レーザー脱毛やエステサロン・脱毛サロンの光脱毛は、一般的に肌に照射したレーザーや光がメラニン色素に反応して、毛根や付近の発毛組織に熱を届けて施術の効果を得る仕組みです。
そのため、レーザーや光の照射後は毛根周辺の皮膚に熱がこもり、皮膚が赤みを帯びたり炎症がみられたりします。

レーザーや光の照射出力を下げれば、火傷のリスクは下がります。
しかし、発毛組織に熱が届きにくくなり、施術の効果を十分に得られなくなります。
施術の効果を得るためには、レーザーや光の出力を上げる必要があるので、医療レーザー脱毛や光脱毛には火傷のリスクが伴うのです。

脱毛施術のやけどの原因

日焼けした褐色肌や黒褐色の肌

日焼けした褐色肌や黒褐色の肌だと、脱毛施術で火傷をするリスクが高くなります。
褐色の肌はメラニン色素を多く含むため、医療レーザーや光を照射した際に毛だけでなく、皮膚表面のメラニンに反応して熱を発する可能性があるからです。

脱毛機器によって施術可能な場合もありますが、色素が濃すぎると出力を下げる必要があるので発毛組織に熱が届かず、脱毛の効果が出にくくなる可能性があります。
そのため、脱毛期間中は日焼けしないように紫外線対策を行いましょう。

このほか、もともとメラニン色素が濃いほくろや乳輪、色素沈着が起きているデリケートゾーン(VIO)、タトゥーがある場所なども火傷のリスクがあります。
クリニックやサロンによって対応は異なりますが、照射できない場合があるので注意しましょう。
脱毛期間中の日焼けはNG!上手な紫外線との付き合い方

乾燥状態の肌

乾燥肌は、脱毛施術で火傷を引き起こす原因のひとつです。
肌表面の角質層にすきまができ、水分が蒸発しやすくなっている乾燥肌は、外部の刺激から肌を守る「バリア機能」が低下している状態です。

バリア機能が低下している敏感な肌は、レーザー照射時に痛みを感じやすかったり、火傷しやすくなったりするリスクがあります。
肌の乾燥を防ぐために、日ごろから念入りな保湿ケアを行うようにしましょう。

光過敏症/日光アレルギー

光線によって皮膚の赤みや水ぶくれなどの皮膚症状や、息苦しさなどの呼吸器症状が起こってしまう光過敏症や光アレルギーの方もレーザー脱毛や光脱毛の施術による刺激を受けやすいと言えます。
そのため、脱毛前のカウンセリングで医師に施術が受けられるかご相談ください。

フレイアクリニックの火傷を防ぐための対応

肌質や肌状態に配慮した施術

脱毛施術による火傷を予防するには、患者さまの肌に合わせた出力調整、その出力を見極める技術が必要です。
フレイアクリニックでは、医師やカウンセラーによる事前カウンセリングで患者さま一人ひとりの肌質や肌状態を確認して、脱毛機の選定や照射出力の設定を行っています。

さらに施術前にも看護師が患者さまの肌の調子や健康状態をヒアリングしたり、脱毛前のスキンケアや剃毛方法をアドバイスしたりして患者さまが気軽に脱毛に関する悩みを相談できる環境づくりに努めることで、施術のリスクを軽減するようにしています。

蓄熱式脱毛機の使用

フレイアクリニックでは、蓄熱式脱毛機を導入しています。
この蓄熱式脱毛機は、高い出力のレーザーを瞬間的に照射して熱を発し発毛組織を破壊する熱破壊式脱毛機と異なり、低い出力のレーザーを繰り返し肌に照射して脱毛効果を得るので、火傷のリスクが低いといわれています。
また、照射出力が低いので、褐色肌や黒褐色肌、色素沈着が起きている肌でも施術可能な場合もあります。

さらに、フレイアクリニックで使用している蓄熱式脱毛機には、火傷のリスクを軽減するため、肌を冷却しながらレーザーを照射できる装置もついています。

火傷が起きたら無料で診察や処方を行っています

フレイアクリニックは細心の注意を払って施術をおこなっていますが、まれに施術後に火傷の症状があらわれることもあります。

施術直後の赤みは正常な反応のひとつで、冷たいタオルなどで患部を冷やすと、通常なら数時間で治まります。
しかし、赤みやかゆみ、ヒリヒリ感が続くなら速やかに施術を受けたクリニックにご相談ください。火傷を放っておくと跡が残ってしまう可能性もあるためです。

フレイアクリニックでは施術が原因で肌トラブルが起きた場合、医師の診察や処置・処方は無料で対応しています。

また、次回施術のときに火傷跡が残っている場合、レーザーを照射できないことがあります。
レーザー照射の再開は、火傷の治療が終わり、色素沈着が内服治療などで改善されてからです。

火傷のリスクを軽減するセルフケア

脱毛施術による火傷を防ぐには、患者さま自身で日焼け対策や保湿などのスキンケアを行うことも大切です。

紫外線対策を心がける

日焼けした褐色の肌は脱毛施術による火傷のリスクが高まるので、脱毛期間中は紫外線対策を行いましょう。
日傘をさす、日焼け止めクリームを塗る、長袖の洋服を着る・アームカバーをつけるなど肌の露出を抑える方法があります。

保湿をしっかりする

医療脱毛やサロン脱毛では、レーザーや光を照射した際に発生した熱によって肌が乾燥しやすくなります。
火傷などの肌トラブルを避けるため、脱毛期間中は入念な保湿ケアが必要です。

顔や腕、脚など手が届く部位だけでなく、直接目に見えない背中など施術部位はすみずみまで保湿することを心がけましょう。
顔は化粧水と美容液を塗った後に保湿力が高いクリームで整えることがポイントです。
顔以外の全身はボディクリームを使ってしっかりと保湿しましょう。

背中などの手が届きにくい部位は、伸びのいい保湿ジェルやローションを使うとお手入れしやすいです。
デリケートなVIOゾーンには刺激の少ないアルコールフリーの保湿ローションなどを塗るのがおすすめです。
脱毛後は電動シェーバーで自己処理を行い、保湿ケアを欠かさずに