無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛のリスク

ホクロ上や周辺の毛に脱毛施術はできる?脱毛方式による違いとリスクをご紹介

ホクロ上やその周辺から生える毛が気になる場合、対処法のひとつとして脱毛施術によって毛が生えないようにすることが考えられます。

基本的に蓄熱式脱毛であれば、ホクロ上の毛でも周辺の毛でも、脱毛施術を行うことが可能です。
ただしホクロの濃さやサイズによっては痛みを感じたり、ホクロが薄くなったりしてしまうリスクがあります。

フレイアクリニックでは、ご契約前にカウンセリングや医師の診察を無料で受けることができます。
不安な方は、一度ご相談ください。

ホクロ上・周辺に生えた毛を脱毛したいなら、ニードル脱毛か蓄熱式脱毛で

ニードル脱毛はその名の通りニードル(針)を使って行う脱毛施術です。
毛穴に直接特殊な針を刺し、電流を流して毛を生やす細胞を壊すため、基本的にもう毛が生えてこない「永久脱毛」とされています。
メラニン色素の有無にかかわらず施術ができるので、ホクロ上やホクロ周りの毛でも施術を行えます。

ただしニードル脱毛は、ほかの脱毛施術と比べても強い痛みを伴うのが難点です。
医療機関で実施すれば麻酔を使うこともできますが、それでも痛みを感じるという方も少なくないようです。

ニードル脱毛より痛みを抑えた蓄熱式脱毛

フレイアクリニックでは、医療レーザー脱毛の中でも「蓄熱式脱毛機」と呼ばれる機器を使用しています。
蓄熱式脱毛機もメラニン色素に反応して発熱する仕組みに変わりはありません。
しかし出力の弱いレーザーを繰り返し当て、脱毛効果を発揮する点が異なります。

一度のレーザー照射で与える熱そのものが弱いため、照射しても痛みや火傷といった症状が表れにくい施術方式だといえます。
そのため当クリニックのような蓄熱式の医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックであれば、大体の場合ホクロに生えた毛や、ホクロ周りの毛も脱毛を行うことができます。

メラニン色素に反応する脱毛機は、ホクロ上は原則NG

蓄熱式脱毛以外の、毛根のメラニン色素にレーザーが反応して脱毛効果を発揮する方式の機器は、ホクロ上に使うことは困難です。
ホクロはメラニン色素のかたまりですから、レーザーがホクロそのものに反応して発熱し、痛みを感じたり火傷を引き起こしたりするリスクがあるためです。

クリニックやサロンによっては、シールなどでホクロをマスキングし、直接レーザーが当たらないようにしながら、ホクロ周辺に生えている毛に施術を行っています。

蓄熱式脱毛機でホクロ上の脱毛を行う際のリスク

「蓄熱式脱毛機ならホクロ上や周辺の毛でも脱毛ができる」とはいえ、残念ながらノーリスクというわけではありません。
フレイアクリニックでホクロ上の脱毛を行う場合には、次のようなリスクがあることをご説明し、患者様にご了承いただいてから施術を実施しています。

リスク1.火傷

一般的なホクロよりも色が濃い、サイズが大きいなどの場合、レーザーがより強く反応し痛みや火傷が起きる可能性があります。
我慢できる場合は、しっかりと冷却し、痛みや熱さを軽減しながら照射を進めていきます。

「このくらいの色・大きさはリスクが高い」と一概には言い切れないため、不安がある方は施術前にスタッフに相談するとよいでしょう。

また、火傷にはならなくても一時的にホクロの周囲が赤くなることがあります。
これは時間が経てば自然に消えるものですが、もしそのような状況が続く場合はクリニックまでご連絡ください。

リスク2.ホクロが消える・欠ける

医療レーザー脱毛をホクロ上の毛に照射すると、稀にではありますがホクロが薄くなったり、ホクロ自体が消えたりする場合があります。
これはメラニン色素に脱毛レーザーが反応し発熱することで、レーザーを用いたホクロ除去手術と同様の作用が働いてしまうためです。

消したくないホクロがある場合はその旨を施術スタッフに伝え、事前に保護してもらうとよいでしょう。
また医療レーザー脱毛はあくまで脱毛が目的の施術です。ホクロを消したい場合は、専門のクリニックへご相談ください。