注意事項

化粧をしたままで顔の脱毛はできません

フレイアクリニックでは、脱毛当日、化粧をした状態で来院いただけます。
ただし、顔脱毛を受ける方は、来院後に化粧を落としていただくようお願いしています。
顔への照射がない場合は、化粧を落とす必要はありません。

顔脱毛前にメイクを落とす理由

メイクをしたまま顔にレーザーを照射すると、化粧品に含まれる成分がレーザーの光や熱に反応し、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

また、化粧をすると毛穴が化粧成分に覆われてしまうため、レーザーが毛のメラニンに反応しにくくなるおそれもあります。

日焼け止めクリーム・制汗剤はNG

フレイアクリニックでは顔脱毛の際、照射部位に日焼け止めクリームや制汗剤をつけないようお願いしています。
日焼け止めクリームや制汗剤は、化粧品と同じく、成分が毛穴に入り込んで照射の妨げや肌トラブルの原因となるおそれがあります。

日焼け止めクリームをつけて来院する場合は、クリニックで落としていただくようお願いいたします。その際、日傘や帽子などを使って紫外線対策をおこないましょう。

なお保湿クリームは、無香料・無着色で、異物やピーリング成分が含まれていないものに限り、来院当日にご使用いただいても問題ありません。

クリニックでメイクをオフする場合は早めの来院を

予約時間には、化粧を落とす時間は含まれていません。
クリニックでメイクや日焼け止めクリームを落としたい場合は、早めにご来院いただくようお願いいたします。

フレイアクリニックでは全院にパウダールームを完備しているので、メイクオフの際にご利用ください。
ふき取りクレンジング、ティッシュ、綿棒、コットンなどの他、洗面台が設置されている院ではクレンジングや化粧水、タオルなどのアメニティを揃えている院もございます。

洗面台が設置されている院では、普段お使いのクレンジング剤をご持参いただくことも可能です。

照射範囲外ならメイクしたままでOK

顔を除く全身脱毛のプランや、顔の一部を脱毛するプランの場合、照射範囲外のメイクであれば落とす必要はありません。
フレイアクリニックの顔脱毛では、髪の毛部分やその付近、眉毛、まぶたなどの目の周辺、唇が照射範囲外となります。

目回りは眼球保護のためアイガードを付けるので、メイクの他、アイプチ、まつげエクステ、コンタクトレンズなども付けたままで施術可能です。

唇も照射範囲外のためメイクしたままで問題ありませんが、口回りを照射する際にあて布をするため、口元の化粧が崩れてしまう可能性があります。

また、こめかみや眉間付近、額部分に化粧で眉を書いている場合は、その部分にレーザーを当てることはできないのでご注意ください。
照射したい場合は眉毛の化粧も落とす必要があります。

顔脱毛セット

顔脱毛後のメイクはできるだけ控える

フレイアクリニックでは顔脱毛の直後は化粧を控えていただくようお願いしています。
レーザー照射後の肌は敏感な状態なので、メイクをすると肌に刺激を与えることになり、赤みや火照りの症状が長引いたり、場合によっては炎症を引き起こしたりする可能性があります。

また、化粧を落とす際のクレンジングも肌へ負担をかけることになります。
脱毛後にメイクをする必要がない場合は、肌への負担を避けるためにもできるだけ化粧はしないようにしましょう。
化粧をせず帰宅する場合、照射部位に赤みが出る場合もあるので、気になる方はマスクや眼鏡、帽子などをご準備ください。

仕事などでどうしてもメイクをする必要がある場合は、フェイスパウダーを軽くのせる程度のナチュラルメイクにしましょう。
薄化粧であればメイクオフも少ない刺激でおこなうことができます。
ただし、メイク後に赤みやかゆみなど肌に違和感がある場合は、すぐに化粧を落とすようにしましょう。

脱毛直後は紫外線対策や保湿を入念に

レーザー照射後は紫外線対策と保湿ケアも忘れずに行いましょう。
帰宅する際には紫外線から肌を守るために日焼け止めをつけて、帰宅後はクリームなどを使って乾燥した肌を保湿します。

ただし、脱毛直後は日焼け止めや保湿クリームでさえも刺激になる場合があります。
普段使っている化粧品で刺激を感じる場合は、すぐに使用を中止してください。

また、施術後数日はピーリング剤の入ったスキンケア用品の使用、フェイスマッサージなど、肌に刺激を与える行為も避ける必要があります。
スキンケアや化粧をする際は、手やタオルで肌をこすらないよう、普段よりも優しく丁寧にケアをすることが大切です。

無料カウンセリングはこちら

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。