無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛の注意事項

医療レーザー脱毛期間中に薬を服用しても良い?

持病などにより常用薬がある患者さまは、カウンセリングの際にフレイアクリニックの医師に必ずお知らせください。
薬の種類によっては医療レーザー脱毛施術ができない場合があります。

医療レーザー脱毛は健康な状態で受ける必要がある

医療レーザー脱毛は、患者さまに健康な状態で施術を受けていただくことを前提とした医療行為です。
持病やアレルギーの治療のための常用薬がある方は、医師が医療レーザー脱毛を受けられる健康状態ではないと判断することがあります。

また、患者さまご自身で体調不良を感じていない場合でも持病やアレルギーによっては、施術を受けられないこともあります。

医療レーザー脱毛はレーザー照射によって発毛組織を破壊するので、体への負担がゼロではないためです。
持病やアレルギーがある方、脱毛プランの契約中に薬の服用が必要になった方は、医療レーザー脱毛施術の可否を自分で判断せず、必ず医師に症状についてご相談ください。

薬の種類によって施術後副作用が出るリスクがある

服用している薬によっては皮膚が医療レーザーの刺激を感じやすくなることがあり、皮膚にかゆみを伴う赤み、発疹、むくみ、水ぶくれ、ただれ、色素沈着、内出血といった副作用がおこることがあります。

また、皮膚に影響がない場合でも、服用する薬によって医療レーザー脱毛施術後に体調が悪化する可能性も考えられます。
薬を服用しているときは副作用が起こる可能性も考え、必ず医師に相談しましょう。

フレイアクリニックでは医師への相談が必要

常用薬がある方、持病などの治療に向けて薬を服用する予定がある方はご契約前のカウンセリングの際、医師にお知らせください。
すでに当クリニックに通院中の方が予約当日に一時的に薬を服用した場合、施術前に申告をお願いします。

処方薬や市販薬を問わず、飲み薬や塗り薬、はり薬を使用している場合、原則として申告いただいています。
薬の利用によって、医療レーザー脱毛施術後に思わぬ副作用が発生するリスクを避けるためです。
フレイアクリニックでは、薬の種類や患者さまの体調など考慮し、医師の診察後に施術の可否を決定いたします。

フレイアクリニックでの対応例

低用量ピルを服用している場合

フレイアクリニックでは、基本的に低用量ピルを服用していても施術は可能ですが、医師の判断によってはレーザーを照射できない場合があります。
そのため、施術前に必ず医師にご相談ください。

また、通院期間内に新たにピルの服用を始める場合、施術前に医師の判断が必要となりますのでご相談ください。

ぜんそくでステロイド剤を利用している場合

医療レーザー施術を受けられるケースが多いですが、ぜんそくの発作が起きている場合など、医師が施術を難しいと判断した場合はレーザーを照射できません。
事前に医師に相談し、施術可能と診断されたうえで医療レーザー脱毛を受けるようにしてください。

無料カウンセリングはこちら