注意事項

服用中の薬は医師へお知らせください

持病などにより常用薬がある患者様は、カウンセリングの際にフレイアクリニックの医師に必ずお知らせください。
薬の種類によっては、当クリニックでのご契約をお断りする場合があります。

健康であることが前提

レーザー脱毛は、患者様に健康な状態で受けていただくことを前提とした医療行為です。
持病やアレルギーの治療のための常用薬がある方は、医師がレーザーを照射できる健康状態ではないと判断することがあります。

また、患者様ご自身で体調不良を感じていない場合でも持病やアレルギーによっては、照射を受けられないこともあります。

レーザー照射によって発毛組織を破壊する際、体に負担がまったくかからないわけではありません。
持病やアレルギーがある方、プランの契約中に薬の服用が必要になった方は、必ず医師に症状についてご相談ください。

薬の種類によってレーザー照射後に副作用が出るリスクがある

服用している薬によっては皮膚がレーザーの刺激を感じやすくなることがあり、皮膚にかゆみを伴う赤み、発疹、むくみ、水ぶくれ、ただれ、色素沈着、内出血といった副作用がおこることがあります。

また、皮膚に影響がない場合でも、服用する薬によってレーザー照射後に体調が悪化する可能性も考えられます。
薬を服用しているときは副作用が起こる可能性も考え、必ず医師に相談しましょう。

フレイアクリニックでは医師への相談が必要

常用薬がある方、持病などの治療に向けて薬を服用する予定がある方はご契約前のカウンセリングの際、医師にお知らせください。
すでに当クリニックに通院中の方が予約当日に一時的に薬を服用した場合、ご来院時に申告をお願いします。

処方薬や市販薬を問わず、飲み薬や塗り薬、はり薬を使用している場合、原則として申告いただいています。
薬の使用によって、レーザー照射後に思わぬ副作用が発生するリスクを避けるためです。
フレイアクリニックでは、低用量ピルを服用している患者様の予約も基本的には受け付けていますが、医師の判断によってはレーザーを照射できない場合があります。

フレイアクリニックでの対応例

低用量ピルを服用している場合

フレイアクリニックでは、基本的に低用量ピルを服用していても医療脱毛は可能ですが、医師の判断によってはレーザーを照射できない場合があります。
そのため、診察時などに必ず医師にご相談ください。

また、通院期間内に新たにピルの服用を始める場合、レーザー照射前に医師の判断が必要となりますのでご相談ください。

ぜんそくでステロイド剤を利用している場合

ぜんそくでステロイド剤を利用している方でも基本的には対応可能です。しかし、ぜんそくの発作が起きている場合は、医師が診察でレーザーを照射できないと判断することがあります。
事前に医師に相談し、対応可能と診断されたうえでのご予約・ご来院をお願いしています。

無料カウンセリングはこちら

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。