注意事項

脱毛後のケアはどうする?お手入れは保湿を大切に

医療脱毛後、発毛組織が破壊された毛穴の毛は、自然と抜け落ちていきます。
この毛が抜け落ちるまでの期間は、2~3週間程度かかるのが一般的です。
その間の体毛の処理は自分で行っても構いませんが、処理をするタイミングや処理方法には注意しましょう。

レーザー照射後に自己処理をしたい場合は、肌の様子を見ながら脱毛後1週間以降に行ってください。
毛の手入れには、電動シェーバーを使用しましょう。
カミソリや除毛クリーム、ブラジリアンワックスは、肌にダメージを与えたり、効果を損なったりする可能性があるため、避ける必要があります。

また、自己処理をした部位の保湿は十分に行いましょう。
肌のうるおいを保つことが毛嚢炎(もうのうえん)や皮膚の炎症、かゆみといった肌トラブルを避けることにつながります。

脱毛後の自己処理を始めるタイミング

医療脱毛を受けた直後の肌は普段より敏感になっているため、できる限り刺激を避ける必要があります。
脱毛当日は自己処理を控え、肌を休ませることが推奨されています。
すぐに自己処理をしたい場合は、一度クリニックで相談してみましょう。

まずはクリニックに相談してみる

なお、毛の自己処理をする場合は肌に必要以上のダメージを与えないよう、適切な処理方法を選んでください。
適切なケアを行うことで、肌の炎症やかゆみを引き起こしにくくなります。

自己処理は電動シェーバーを用いる

毛の自己処理を再開する際は、刃が直接肌に触れず皮膚を傷つけにくい電動シェーバーを使うとよいでしょう。

脱毛前には、自己処理が必要です。フレイアクリニックでは、患者様に電動シェーバーを使った剃毛をお願いしています。

カミソリでの自己処理はしない

カミソリを使った体毛の自己処理は行わないでください。
カミソリは皮膚の表面を削いでしまいます。
そして肌の角質層が持つ「バリア機能」が低下することで肌の水分が蒸散しやすくなり、肌が乾燥する原因となってしまいます。

レーザー照射時に肌が乾燥していると、痛みを感じやすくなる場合があります。
強い痛みを感じる場合にはレーザーの出力を下げて対応することはできますが、レーザー出力の低下に伴って医療脱毛の効果も低減してしまいます。

毛抜きやワックス、除毛クリームによる自己処理もNG

医療脱毛を受けている方は、毛抜きやブラジリアンワックス、除毛クリームを使った自己処理は厳禁です。
これらを用いた自己処理を行うと、次に受けるレーザーの効果が得られなくなってしまいます。

医療脱毛はレーザーがメラニン色素に反応して発熱することで、発毛組織にダメージを与え、再発毛を防ぐ仕組みです。

そのため毛抜きやワックスで「毛を抜く」自己処理を行うと、レーザーが反応するために必要なメラニン色素そのものがなくなってしまい、脱毛効果が表れなくなってしまいます。

毛を抜く処理を行うことで体毛が生え変わるサイクル(毛周期)が変化するため、その後の脱毛スケジュールにも影響が出ます。

除毛クリームは肌の表面がかぶれてしまう可能性があるため、程度によってはレーザーの照射ができなくなることもあります。

肌トラブルがある際の自己処理は避ける

自分で体毛の処理を行う場合、毛嚢炎や肌の炎症、かゆみといった肌トラブルが起きている箇所の処理は控えた方がよいでしょう。
毛嚢炎とは、毛穴の周りが赤みを持ったり、悪化すると膿を持ったりする「毛穴の炎症」であり、毛包炎とも呼ばれます。
毛嚢炎の主な原因は、毛根の周りの「毛包」という組織に細菌が感染することです。

上記のような肌トラブルが起きている際に無理に自己処理を行うことで、悪化させてしまう可能性があります。

お手入れは保湿を大切に

体毛の自己処理を行ったあとは処理をした箇所の保湿が欠かせません。

電動シェーバーは肌への負担が少ない道具ではありますが、毛を剃った部位へのダメージがゼロというわけではありません。
多少なりとも肌は傷ついており、乾燥しがちです。
そのためローションやクリームなどでしっかりと保湿を行い、乾燥や炎症を防ぎましょう。
この際に使用するのは普段お使いのもので構いません。

肌の保湿をしっかりと行うことが、肌トラブルの発生リスクを抑えることにつながります。
また潤いのある肌を保つことで、レーザー照射による痛みを感じにくいこともわかっています。

肌を丁寧に保湿しておくと、医療脱毛の効果を発揮させることにつながりやすいともいえるでしょう。

無料カウンセリングはこちら

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。