注意事項

来院前後の飲酒はお控えください

レーザー照射前後に飲酒すると、肌が敏感になり、照射中の痛みの増加や照射後の肌トラブルの発生につながります。
フレイアクリニックでは予約当日のほか、前日や照射後の過度な飲酒は控えていただくように患者様へお願いしています。

照射前後に飲酒するリスク

飲酒をすると全身の血流が促進され、体温が上昇して肌に赤みが出たりかゆみを感じたり、少しの刺激で湿疹が出たりします。
肌に赤みがある場合、レーザー照射によってやけどするリスクもあるので、照射が受けられないこともあります。

また、アルコールの利尿作用により体内の水分が消費され、肌が乾燥しやすくなります。
乾燥した肌はバリア機能が低下し、外部からの刺激に敏感になり、レーザーを照射したときに痛みや熱を感じやすいです。
痛みはレーザーの出力を調整すれば軽減されますが、効果が減少してしまう可能性もあります。

さらにレーザー照射後の肌は、乾燥してデリケートな状態になっています。
照射後に飲酒して血行が良くなると、赤みやひりつきを引き起こすことがあります。

来院前後は飲酒をどれくらい控えるべき?

来院前後12時間は飲酒を避けたほうがいいと考えられています。
ただし、アルコールの分解速度は、体質や年齢によって個人差があり、来院前後12時間あけたとしても、レーザー照射に影響がないとは言い切れません。

万全な体調で照射を受けるために来院前後のアルコールは控えることが望ましいです。

フレイアクリニックでは、予約前日の飲酒について特に制限していませんが、二日酔いなどの状態で来院された場合、施術をお断りすることがあります。

飲酒の予定があるなら予約日を変更しましょう

フレイアクリニックは1回まで無料キャンセルOK

もし、来院前後にお酒を飲むことになったら、早めに連絡して予約を変更しましょう。
フレイアクリニックでは、来院日の2営業日前の20時まで予約を変更できます。

また、変更期限を過ぎてしまっても、1回に限り無料で予約のキャンセルや予約日程の変更が可能です。
ただし、変更期限を過ぎた2回目以降の予約キャンセルは、照射1回分を消化してしまうのでご注意ください。

予約変更が間に合わなかったらノンアルコール

予約変更が間に合わず、急に飲み会に参加しなければいけない状況のときは、ノンアルコールドリンクやソフトドリンクを飲むようにしましょう。

レーザー照射後の飲酒で肌トラブルが起きたときの対処法

レーザー照射後の過度な飲酒は控えていただきたいですが、もしアルコールが原因でお肌にかゆみや赤みなどの症状が出た場合、炎症が起きている部位を冷やしたり、保湿したりするなどの手当をしてください。

症状がおさまらないときは、フレイアクリニック各院へご相談ください。

この記事の監修者

磯野 宏貴

フレイアクリニック総院長
磯野 宏貴

東京慈恵会医科大学 医学部卒業後大手病院を経て、2020年フレイアクリニック横浜院院長に就任。 2021年6月より、フレイアクリニック総院長を務めている。