部位別の脱毛

結婚式前の毛のお手入れ方法やスタート時期、お手入れしたい部位を解説

結婚式に向けた準備のひとつである毛のお手入れ。医療レーザー脱毛や美容脱毛によるブライダル脱毛を検討しているなら、挙式の1~2年ほど前から準備すると計画的に施術を受けられます。
式が間近なら、ブライダルシェービングという方法もあります。
結婚式の準備期間を踏まえて手入れの方法を選び、衣装や髪型にあわせて処理する部位を検討してみてください。

挙式に向けた脱毛施術ごとの開始時期の違い

医療脱毛は挙式1年前がスタートの目安

クリニックで医療レーザー脱毛を受ける場合、結婚式の約1年前のスタートが目安です。

医療レーザー脱毛は肌にレーザーを照射して発毛組織を破壊するための施術です。レーザー照射時に発毛組織を破壊できる毛は、毛周期という毛の生え変わりサイクルのうち成長期にある毛のみです。毛周期は毛ごとに異なり、同時期に成長期を迎えている毛は全体の10〜20%ほどと言われています。

1回の施術時に破壊できる発毛組織は、理論上最大20%であることから、全体の毛穴が成長期を迎えるタイミングでレーザーを照射するには、複数回の施術が必要です。

医療レーザーの施術回数は、照射部位や毛量などによって個人差はありますが、フレイアクリニックでは5~8回を目安としています。

必要な期間は、5回で1年~1年半、8回で1~2年ほどです。
なお、挙式直前は肌トラブル等を避けるため、クリニックごとに施術を受けられない期間を設けている場合があります。
フレイアクリニックでは、挙式前2ヶ月以内の方の施術はお断りしています。

医療レーザーは、毛根のメラニン色素に反応して熱を発し、その熱で毛根にある発毛組織を破壊します。発毛組織が破壊された毛根から毛が生えてくることは基本的にはありません。

サロンでの美容脱毛は挙式2年前からが目安

エステや脱毛サロンで美容脱毛をする場合、挙式の約2年前が施術スタートの目安です。美容脱毛の施術も毛周期を踏まえて行うため、約2ヵ月おきに複数回の照射が必要です。

なお、美容脱毛では、発毛組織を破壊できないため、毛の成長を抑える抑毛を目指した施術を行います。そのため、施術を受けなくなると再び毛が生えてくることがあります。また、12~18回ほどの施術回数が必要なため、コース完了までの期間は2年以上です。

挙式直前はブライダルシェービングでお手入れ

挙式まで2ヵ月を切っていてクリニックやサロンでの施術が受けられない場合は、理容室やレディースシェービングサロンで本格シェービング(レザーシェービング)を受ける方法もあります。
肌が落ち着く時間を確保するためにも、式の3~7日前に毛を剃ってもらいましょう。理容師免許や医師免許の所有者がカミソリを使い、剃毛するだけでなく産毛や余分な角質も落としていきます。
ただし、肌が弱い方は、挙式1ヶ月前までに1度試してみて、肌荒れしないか確認しておきましょう。
シェービング後の肌は刺激に敏感で、乾燥や赤み、ひりつきなどが生じる可能性があるため、シェービング前後は保湿や紫外線対策を心がけてください。肌が弱い方は、挙式1ヶ月前までに1度試してみて、肌荒れしないかを確認しておくと良いでしょう。

結婚式の衣装や髪型にあわせてお手入れしたい部位

ブライダル脱毛やシェービングで毛を処理する部位は、挙式や結婚披露宴の衣装や髪型にあわせて、きれいに見せたい部位を選ぶとよいでしょう。

脇は、袖のないノースリーブやビスチェタイプのドレスを着ると目につきやすい部位です。
脇は自己処理をしている方も多い部位ですが、皮膚が柔らかい脇はセルフケアによって色素沈着や埋没毛などの肌トラブルが起きるリスクがあります。
式当日の肌荒れを避けるためにも、事前に脇だけでも脱毛を受けておくと、直前の仕上げが楽になります。

ノースリーブやビスチェタイプ、パフスリーブやオフショルダーのドレスを着る場合は、腕も目立つ部位といえます。
腕の毛を処理しておくと毛穴が目立ちにくい状態になり、産毛も気にせず結婚式に臨みやすくなります。

背中

背中の開いたタイプやビスチェタイプのドレスの場合は、挙式や記念撮影などで、花嫁の後ろ姿は注目されやすくなります。背中は自分では直接見えない部分ですが、産毛が目立つ方もいます。さらに自分では手が届きにくく、自己処理ではけがや剃り残しにつながるおそれがあります。
脱毛施術やシェービングを受けておくと、ドレス着用時に背中の産毛が気になりにくくなるでしょう。

うなじ

襟足や首筋が見える髪型にする場合は、うなじの毛を処理しておくときれいに見えます。フレイアクリニックのうなじ脱毛は、首筋と襟足の生え際付近までが施術範囲です。
髪の毛が生えている部分は、火傷のリスクがあるため照射しません。

おでこやほほ、口周りなどの産毛を処理しておくと、顔色が明るく見え、ブライダルメイクがより華やぎます。
また、挙式や披露宴は長丁場でメイク直しの時間も限られているため、汗や皮脂がたまる産毛をお手入れしておくことで、メイク崩れが起こりにくくなります。

顔に生える産毛は脱毛レーザーに反応しにくいので、他の部位より施術回数と施術期間がかかる可能性があります。
このほかミニドレスを着る場合や新婚旅行で水着を着る場合、脚やVIOの毛も処理しておくとよいでしょう。

無料カウンセリングはこちら

結婚式に向けて脱毛施術を受ける際の準備と注意点

施術前は手の届く範囲で毛の自己処理をする

脱毛施術前には、脱毛部位の自己処理が必要です。ただし、肌を傷つけてしまうと施術できない場合があるため、手の届く範囲で少しずつシェービングしてください。

フレイアクリニックでは、施術1〜2日前に自己処理をしていただくように患者様にお伝えしています。剃り残しがある場合は施術前にスタッフが無料でシェービングいたします。

自己処理には電動シェーバーを使用

毛の自己処理は、肌を傷つけにくい電気シェーバーを使って行ってください。なお、カミソリは肌表面を傷つけやすく、除毛クリームなどは肌を痛めるおそれがあるため使用しないようにご注意ください。
また、毛抜きやワックスのように毛根を引き抜く自己処理は厳禁です。医療レーザーや光は毛根にあるメラニン色素に反応することで熱を発生させ、その熱が発毛組織に作用する仕組みです。毛を抜くとメラニン色素が失われるので、光線が反応せず、施術効果が得られなくなります。

脱毛期間中の肌に負担をかけにくい自己処理のポイント