脱毛の仕組み

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛とサロン脱毛(美容脱毛、エステ脱毛)は、施術目的や脱毛方式が異なります。
施術の仕組みやアフターケアの対応などの違いを理解し、自分に合う脱毛方法を選びましょう。

医療脱毛とサロン脱毛の施術目的と効果の違い

医療脱毛

医療脱毛は、毛根付近の発毛組織を破壊し、その毛穴からの再発毛を防ぐことを目的とした施術です。
具体的な方法としては、医療レーザー脱毛やニードル脱毛(針脱毛)があります。
細胞の破壊は医療行為に当たり、医師や看護師などの医療資格者にのみ許可されている施術です。

発毛組織が破壊された毛穴から毛が再生する可能性は低いと言われています。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴に針(絶縁針)を差し込み、電気を流し、毛根付近にある毛乳頭などの発毛組織を破壊します。
毛を1本1本処理するので、眉毛などの細かくデザインを整えたい部位の毛や部分的に生えている毛の処理に対応できる施術と言えます。
また、毛根の発毛組織に直接アプローチするので、白髪や金髪などの毛色、産毛などの毛質、肌の色にかかわらず処理できます。
ただし、ニードル脱毛は毛穴に針を差し込んで電気を流すため、施術時に痛みを強く感じる方もいます。
また、毛を1本ずつ処理するので、毛量によっては1回の施術時間や施術期間が長くかかり、料金がかさむこともあります。
なお、フレイアクリニックでは、ニードル脱毛の施術は行っていません。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛の施術では、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して熱を発するレーザーを照射します。
このときに発生した熱で、毛乳頭や毛母細胞、バルジ領域などの発毛組織を破壊し、毛が再び生えてこないようにします。
ニードル脱毛と同じく発毛組織を破壊した毛穴から毛が生えてくる可能性はほとんどありません。

医療レーザー脱毛は、レーザー1ショットで複数の毛穴を照射します。毛穴ひとつずつに電流を流すニードル脱毛に比べ、短時間で広範囲の施術が可能です。ただし、レーザーが反応しないメラニン色素のない白髪の発毛組織は破壊することができません。

医療レーザー脱毛機の照射方式は、「熱破壊式」「蓄熱式」の大きく2つがあります。
熱破壊式脱毛機による施術は、出力の高いレーザーを照射して瞬間的に毛根付近の毛乳頭や毛母細胞に熱を届けます。高出力のため、痛みを感じやすいほか、レーザーが反応しやすいメラニン色素を多く含む肌には施術できない場合があります。

蓄熱式脱毛機での施術は、低出力のレーザーを断続的に照射して皮膚の下に熱を蓄え、発毛組織のバルジ領域を破壊していきます。低出力のレーザーの使用によって痛みの原因となる熱の発生量が抑えられるほか、肌表面のメラニン色素の影響を受けにくいため、褐色肌や色素沈着がある肌の施術にも対応しています。なお、フレイアクリニックの施術は蓄熱式脱毛機で行っています。

医療レーザー脱毛の仕組み

医療機関は麻酔の処方が可能

医療機関で行う医療レーザー脱毛やニードル脱毛では、施術時の痛みが不安な患者さまに麻酔の処方が可能です。

主な麻酔の種類は、皮膚に塗布して痛みを緩和する麻酔クリーム、笑気ガスを吸引して鎮静作用をもたらす笑気麻酔(しょうきますい)の2種類です。
フレイアクリニックでは、麻酔クリームを処方しています。ご希望の方は、カウンセリングの際にご相談ください。

麻酔の種類と注意点

サロン脱毛

サロン脱毛(美容脱毛、エステ脱毛)は、エステサロンや脱毛サロンにてエステティシャンが行う光脱毛施術を指します。メラニン色素に反応する光を照射し、抑毛・減毛につなげるための施術です。
医療機関で行う施術ではないので、光線の照射によって発毛組織を破壊することはできません。そのため、医療レーザー脱毛ほど照射出力を上げられないため、痛みは感じにくいと言われています。

施術回数や期間の違い

医療脱毛とサロン脱毛の施術は、いずれも一定の期間を空けて複数回施術を行います。毛が成長するサイクル(毛周期)を考慮して施術間隔を空ける必要があります。

毛と発毛組織がくっついている時期(毛周期における成長期)でなければ、レーザーや光の照射時に発生した熱が発毛組織に届かないためです。

なお、全ての毛穴が同じタイミングで成長期を迎えるわけではありません。毛穴によって成長期を迎える時期にずれがあるほか、毛周期自体も部位によって異なります。毛周期を厳密に見極めることは難しいため、クリニックやエステサロン・脱毛サロンでは平均な毛周期を踏まえ、2~3ヶ月以上間隔を空けて施術スケジュールを提案しています。

脱毛にかかる期間と毛周期の関係

医療脱毛の施術回数と期間の目安

医療レーザー脱毛の施術回数は5~8回程度です。

1度の施術時に成長期を迎えている毛は全体の20%と考えられているため、2~3ヶ月ほど間隔をあけて5回施術を受けると、全身の毛穴が成長期を迎えるタイミングにレーザーを照射できる計算です。ただし、部位や毛量に差があるため、5回以上施術を受ける方もいます。
フレイアクリニックの場合、最短2ヶ月間隔で施術を受けていただけるため、施術期間は5回コースの場合は最低1年~1年半、8回コースの場合は最低1年半~2年です。

サロン脱毛の施術回数と期間の目安

サロン脱毛の施術を受ける場合、エステサロンや脱毛サロンでは、抑毛や減毛に向けて12~18回ほど施術コースを提案しています。2ヶ月に1度のペースで施術を受けると、コース完了までの期間は2~3年です。

施術後の肌トラブルへの対応の違い

医療脱毛でもサロン脱毛でも施術にはリスクが伴います。レーザーや光照射時に発生する熱によって炎症や火傷が生じたり、施術後の肌に雑菌が入ると毛嚢炎(もうのうえん)が起きたりします。症状によっては、医師の診察や処置などが必要な場合があります。

医療脱毛の場合、医師と看護師が施術を受けた医療機関に常駐しています。そのため、施術を受けたクリニックでの受診が可能です。

フレイアクリニックでも、施術によって万が一トラブルが起きた際は、医師の診察・薬の処方を無料で行っています。

一方、エステサロンや脱毛サロンは、医療機関のように医師がいるわけではないので、施術後の肌トラブルの診察やそれに応じた処置はできません。自分で皮膚科などに連絡して受診が必要です。医療機関と提携しているサロンもあるため、カウンセリングの際にアフターフォローについて確認するようにしましょう。

施術を受ける前に知っておくべきリスクと副作用

医療脱毛とエステ脱毛の料金

施術1回の料金、コース料金の設定、割引の有無などは、クリニックやエステサロン・脱毛サロンによって異なります。

施術複数回のコース契約の場合、コース完了後の追加施術は割引料金を設定しているクリニックやサロンもあります。

このほか、施術前のシェービング代、施術後の肌トラブル発生時の診察や治療の料金の有無によって、施術全体にかかる費用も変わってくるため、カウンセリングで確認することが大切です。

料金のご案内