無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛の仕組み

医療脱毛とサロン脱毛の違いとは?

医療脱毛とサロン脱毛(美容脱毛、エステ脱毛)は、施術を受ける場所や施術者、脱毛方式が異なります。
脱毛の仕組みやアフターケアの対応にも違いがあるので、正しい知識を得て自分に合う脱毛方法を選びましょう。

医療脱毛とサロン脱毛の仕組みの違い

医療脱毛

医療脱毛は、毛穴の毛根付近の発毛細胞を破壊し、その毛穴から毛が再び生えてこないようにする脱毛方法です。
具体的な方法としては、医療レーザー脱毛やニードル脱毛(針脱毛)があります。

細胞の破壊は医療行為に当たるため、医師や看護師などの医療従事者にのみ許可されている施術です。
発毛組織が破壊された毛穴から毛が再生する可能性は低いと言われています。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛質や毛穴の大きさに合わせた針(絶縁針)を差し込み、電気を流し、毛根にある毛乳頭などの発毛組織を破壊します。

毛を1本1本脱毛するので、眉毛などの細かくデザインを整えたい部位や生えている毛を部分的に処理したいときに向いている脱毛方法と言えます。
また、毛根の発毛組織に直接アプローチするので、白髪や金髪などの毛色、産毛などの毛質、肌の色にかかわらず処理できます。

ただし、毛穴に電気を流すので痛みを強く感じる方もいます。
また、毛を1本ずつ処理するので、1回の施術時間や施術期間が長くかかり、料金がかさむデメリットもあります。
なお、フレイアクリニックでは、ニードル脱毛を取り扱っていないのでご注意ください。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛の施術では、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して熱を発するレーザーを照射します。
このときに発生した熱で、毛乳頭や毛母細胞、バルジ領域などの発毛組織を破壊し、毛が生えてこないようにします。
発毛組織を破壊した毛穴から毛が生えてくる可能性はほとんどありません。

医療レーザー脱毛は、毛穴をひとつずつ処理するニードル脱毛に比べ、照射面積が広いので1回で広範囲の施術が可能です。
また施術時間も短く、ニードル脱毛より痛みが少ないと言われています。

医療レーザー脱毛機は、「熱破壊式」と「蓄熱式」の大きく2つに分かれます。

熱破壊式脱毛機は、出力の高いレーザーを照射して瞬間的に毛根の毛乳頭や毛母細胞に熱を届けます。
高出力のため、痛みを感じやすいほか、レーザーが反応しやすいメラニン色素を多く含む肌には施術できない場合があります。

蓄熱式脱毛機は、熱破壊式に比べてレーザー1発当たりの照射出力が低いので、褐色肌や色素沈着がある肌でも施術可能とされています。
レーザーのターゲットとなるバルジ領域は、皮膚表面近くにあるため、低出力でアプローチでき、痛みも抑えられると言われています。
なお、フレイアクリニックの施術は蓄熱式脱毛機で行っています。

医療脱毛なら麻酔で痛み緩和に対応

ニードル脱毛と医療レーザー脱毛は、痛みを比較的感じやすい脱毛方式です。
ただし、医療機関で行う施術なので、痛みが不安な方に対して麻酔薬を処方することも可能です。
フレイアクリニックでもご希望の方に麻酔薬を処方しているので、カウンセリングの際にご相談ください

サロン脱毛

サロン脱毛(美容脱毛、エステ脱毛)は、エステサロンや脱毛サロンにてエステティシャンが行う光脱毛施術を指します。
医療レーザー脱毛と同様、メラニン色素に反応する光を照射し、抑毛・減毛につなげる施術です。
医療機関ではないので、発毛組織を破壊するほど照射出力を上げられないため、医療レーザー脱毛に比べ、痛みは感じにくいと言われています。

医療脱毛とサロン脱毛の施術回数や期間の違い

医療脱毛とサロン脱毛の施術は、いずれも毛が成長するサイクル(毛周期)を考慮する必要があります。
光線のターゲットとなる発毛組織は、成長期の毛にくっついているので、熱を届けるには成長期の毛に医療レーザーや光を照射しなければならないからです。

すべての毛穴が同じタイミングで成長期を迎えるわけではなく、毛周期は部位によって異なるので、クリニックやエステサロンでは平均2~3ヵ月間隔での施術を推奨しています。

成長期の毛は毛全体の約2割とされています。
医療レーザー脱毛の場合、1回の施術で毛全体の20%が処理できる計算です。

そのため、最低でも5回の照射が必要です。
個人差はありますが、フレイアクリニックでは、自己処理が不要と感じるまでに必要な施術回数の目安を5~8回としています。
5回コースの場合は最低8ヵ月~1年、8回コースの場合は最低1年半~2年ほどかけて施術を受けていただきます。

また、サロン脱毛の場合、施術した毛穴からほとんど毛が再生することがほとんどない医療レーザー脱毛とは異なり、抑毛・減毛に向けた施術です。
照射出力が低いため、自己処理の手間がかからなくなるまでには12~18回ほど施術が必要とされ、2ヵ月に1度のペースで施術を受けると2~3年はかかります。
医療レーザー脱毛に通う理想的なペースは?毛周期と効果の関係

施術回数・期間と費用の関係

1回ごとの施術費用は、医療レーザー脱毛より、キャンペーンなどを行っているサロン脱毛のほうが安いケースがあります。
しかし、サロン脱毛は一時的に毛が減ったと感じても、施術を受けなくなると再び毛が生えてくるので、エステサロンに通い続けなければいけません。
施術回数が増え、施術期間が長引くと、その分費用がかさむ可能性もあります。

また、最近では医療脱毛とサロン脱毛の料金の差に開きがなくなってきている傾向があります。
そのため、1回の施術費用だけでなく、施術回数や期間などを踏まえ、自分にあった脱毛方法を選ぶと良いでしょう。

アフターフォロー

脱毛施術で肌トラブルが起きたときは、医師の診察や処置などのアフターフォローが必要です。
医療脱毛クリニックは、医師と看護師が常駐しているので、すみやかに対応してもらえると言えます。
フレイアクリニックでも万が一トラブルが起きた際の診察・薬の処方を行っており、施術による肌トラブルに関する治療費等はすべて無料です。

一方、エステサロンや脱毛サロンは、医療機関のように医師がいるわけではないので、肌トラブルに対応することはできません。
提携医院を紹介されるケースがありますが、自分で皮膚科などに連絡して受診する必要があります。

脱毛施術にもリスクはあるので、カウンセリングの際にアフターフォローについて確認するようにしましょう。