無料カウンセリング予約

フレイアクリニックの医療脱毛コラム

脱毛と肌トラブル

脱毛後の肌トラブルを避けるために気をつけたい7つのこと

医療レーザー脱毛の施術後、肌は水分量が減って乾燥するなど、少なからずダメージを受けています。
脱毛の肌トラブルを避けるため、いつもより入念なスキンケアや肌を刺激しない行動を心がけましょう。

脱毛後はしっかり保湿する

医療レーザー脱毛施術後の肌は、乾燥して敏感な状態です。

脱毛施術でレーザーを肌に照射する際、熱が発生し、肌のバリア機能がダメージを受けてしまい肌の水分量が減少してしまうからです。
脱毛施術を受けたあとはいつも以上にしっかり保湿をするように心がけてください。

保湿するときは、手入れの届きやすい腕や足だけではなく、ヒップや背中などの直接目で見にくい部分もできるだけクリームやローションで丁寧に潤しましょう。

飲酒は避ける

脱毛後は、当日の飲酒を控えるようにしてください。脱毛施術後の肌は乾燥しやすい状態です。
その状態で飲酒すると全身の血流が促進されて体温が上昇し、アルコールの利尿作用により体内の水分量がさらに奪われ、肌に赤みやかゆみなどがでる原因になります。

また、飲酒状態で施術を受けると痛みを感じやすくなることがあるため、二日酔いなど体調不良での通院は避けましょう。

フレイアクリニックでは、施術当日に飲酒した状態や二日酔いの状態での施術をお断りしていますので、施術前後は過度に飲酒しないように気をつけましょう。
脱毛前後の飲酒がダメな理由とは?アルコールが施術や肌に与える影響

紫外線対策を行う

脱毛施術後の肌は、わずかな紫外線でも日焼けによる炎症を起こしやすく、シミができやすい傾向があります。
また、紫外線により脱毛後の炎症が強くなったり長引いたりする可能性もあります。

外出の際には必ず日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘を使ったりして紫外線対策を十分におこなってください。

また、医療レーザー脱毛の施術後だけでなく、脱毛期間中は常に紫外線対策をおこなうと良いでしょう。
日焼けしたばかりの赤みを帯びた肌や、日焼けで炎症を起こしている肌は、次回のレーザー照射時にやけどのリスクが高まったり、照射自体ができなくなったりする可能性があります。

入浴や激しい運動は控える

脱毛施術をした当日は、入浴や激しい運動は控えましょう。
体温上昇や汗が原因でほてりやかゆみ、赤みなどの炎症を長引かせてしまう可能性があるからです。
施術当日はシャワーのみにしましょう。

肌に強い刺激を与ない

脱毛施術後のデリケートな状態の肌は、摩擦による刺激で肌トラブルを起こす場合があります。
医療脱毛後1~2日は、脱毛部位を摩擦で刺激しないように気をつけましょう。

たとえば、ボディースーツやガードルなどの補正下着やストッキング、タイツ、スキニーパンツのような肌を締め付ける服装は控えてください。
化学繊維を避け、肌触りのなめらかな綿やリネンなどの天然素材で、通気性が良くゆったりとした服装や下着が望ましいです。

また、シャワー後の水分や汗を拭くために体をタオルで強くこすったり、マッサージやエステを受けたりすることも肌への刺激になるので控えてください。

制汗剤などの刺激も肌荒れの原因になるので、使用は避けましょう。

毛抜きやワックスによる自己処理はNG

フレイアクリニックで採用している蓄熱式脱毛機の場合、施術から2~4週間で毛が抜け落ちます。
施術後1週間程度は自己処理を控え、そのあとに毛が伸びて気になる場合、肌への負担が少ない電動シェーバーで毛を剃るようにしましょう。

毛抜きやワックス、カミソリ、除毛クリームを使った自己処理は肌トラブルを起こす可能性があるので避けるようにしてください。
特に毛抜きやワックスで無理やり毛を引き抜いてしまうと、毛穴や肌に負担がかかり、毛穴周りの皮膚に炎症を起こしたり、雑菌が毛穴に入り込んで感染症を起こす可能性があります。

さらに毛根から毛を引き抜く自己処理方法は、レーザーが反応する黒い色素(メラニン)がなくなるため、次回の施術で十分な脱毛効果が得られなくなるリスクもあるのです。

予防接種は避ける

脱毛施術後、肌の炎症が落ち着くまでの間(1週間から10日前後)は、予防接種は控えるようにしましょう。

脱毛後は肌がダメージを受けているため、脱毛施術後に予防接種を受けると、発熱や肌の炎症を引き起こすリスクが高くなります。

また、予防接種を受けた後、一時的に微熱や発疹などの症状が出ることがあります。
その状態で肌にレーザーを照射すると、症状が悪化する場合もあるので、肌トラブルや体調不良を避けるため、予防接種当日も脱毛施術を受けないようにしてください。

脱毛施術後の肌トラブルはクリニックに連絡を

医療レーザー脱毛後の肌トラブルを避けるためには、アフターケアが大切です。
もし炎症などが起きたら、まずは冷たいタオルなどで肌を冷やしてください。

炎症が長引くなら、クリニックに連絡して医師の診察を受けましょう。
フレイアクリニックでは、施術後に肌トラブルが起きた場合、医師による診察や治療、処方などを無料で行っています。