脱毛の仕組み

脱毛方法の種類と違い

医療脱毛クリニックやエステサロンで受けられる脱毛施術は、「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」「光脱毛」の3種類に大別できます。

施術内容や効果、施術時の痛みなどが異なります。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、医療機関で医療資格者が行う施術です。

毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して発熱するレーザーを照射して発毛組織を破壊し、再発毛防止を目指す施術です。

発毛組織が破壊された毛穴から再発毛する可能性はほとんどありません。ただし、メラニン色素がない白髪はレーザーが反応しないため、照射しても発毛組織を破壊できません。

また、メラニン色素が濃く、レーザーが強く反応する黒褐色の肌は、火傷を起こす可能性があるので施術できない可能性があります。肌色の濃さによって施術可否は異なります。

なお、万が一肌トラブルが起きた場合、施術を受けたクリニックで医師の診察や処置、薬の処方を受けることが可能です。

医療レーザー脱毛は「熱破壊式」と「蓄熱式」の2つの照射方式があります。

レーザー照射で破壊する発毛組織が異なり、熱破壊式の施術は毛を作り出す毛母細胞と毛乳頭がターゲットです。

一方、蓄熱式の施術は、毛母細胞のもとが存在するバルジ領域の破壊を目的とします。フレイアクリニックは、蓄熱式による医療レーザー施術を行っています。

熱破壊式は高出力のレーザーを照射して瞬時に強い熱を発生させるので、施術時に痛みが生じやすい傾向です。

蓄熱式は低出力のレーザーを断続的に照射するため、皮膚を強く刺激する熱が発生しにくく痛みが生じにくい施術といえます。

なお、医療機関での施術のため、痛みが不安な方には麻酔の処方に対応していることもあります。

また、高出力のレーザーを照射する熱破壊式は、肌表面のメラニン色素に反応しやすいため、濃い褐色の肌は施術できないこともあります。

これに対し、蓄熱式は低出力レーザーで施術し、肌表面のメラニン色素の影響を受けにくいため、さまざまな肌色の施術に対応しています。

医療レーザーの仕組み

医療レーザー脱毛では、毛が生え変わるサイクル(毛周期)のうち、成長期の毛の発毛組織が破壊されやすい傾向にあります。

同時期に成長期を迎える毛は、身体全体の毛の20%程度といわれています。つまり、1回の施術で破壊できる発毛組織は、最大でも照射部位の約20%です。

施術部位全体の毛がそれぞれ成長期を迎えるころに施術すると考えると、最低5回の施術が必要といえます。

施術は毛周期を踏まえ、2ヶ月以上の間隔を空けて行われるため、5回終了までには1年〜1年半ほどの期間がかかります。

脱毛にかかる期間と毛周期の関係

ニードル脱毛

ニードル脱毛は医療脱毛の一種で、医療針脱毛・電気脱毛とも呼ばれる施術方法です。毛穴一つひとつに針を挿して電流を流し、発毛組織を破壊します。

医療レーザー脱毛と同様にニードル脱毛で発毛組織が破壊された毛穴から再び毛が生える可能性はほとんどありません。

ニードル脱毛は施術する毛質、肌質を問わないため、メラニン色素のない白髪、ほくろや乳輪に生えている毛の処理にも対応しています。

しかし、毛穴一つひとつに直接針を刺すため、広範囲の毛を処理するとなると1度の施術にかかる時間が長くなります。また、毛穴に電気を流すため、施術に強い痛みを伴います。

全身の毛をニードル脱毛で処理すると、施術時間や回数がかさむ傾向があります。そのため、ほくろや乳輪から生えている毛、眉毛などのレーザーで照射しにくい部分、白髪などの一部の処理に向いているといえます。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

エステサロンや脱毛サロンで施術を受ける光脱毛(フラッシュ脱毛)は、毛の成長を遅らせる(抑毛)ことを目的とした施術です。

光脱毛の種類は、脱毛サロンによってSHR(スーパーヘアリムーバル)、IPL(インテンスパルスライト)、SSC(スムーススキンコントロール)の3種類があります。

SHRとIPLと呼ばれる施術は、照射する光線がメラニン色素に反応して熱を発する仕組み自体は医療レーザー脱毛とほとんど同じです。

しかし、医療機関ではないので、脱毛サロンやエステサロンでは医療行為に該当する発毛組織の破壊はできません。そのため、施術を受けなくなると、抑毛の効果が失われる可能性があります。

多くの脱毛サロンでは、1~2年間に10回~20回ほど施術を受けるコースを用意しています。なお、施術を行うのはエステティシャンであり、医師や看護師が常駐していないため、施術によって肌トラブルが起きた場合は別途医療機関を受診が必要になります。

家庭用光美容器

家庭用光美容器はサロンで使用されている機器と根本的な仕組みは同じです。光を照射して熱を発生させ、毛の成長を抑制することを目的とした機器です。

ただし、家庭で一般の方が使用することを想定しているため、照射出力は低く、長期的な抑毛・減毛効果は得られない可能性があります。